1000mlの巨大ハトムギ化粧水!安心成分でバシャバシャ使う

ワーママの優れもの

1リットルの化粧水。
アオヤマ・ラボのセラミド化粧水を愛用して
とうとう使い切りました。
大容量・安い・低刺激のすごい化粧水!

リピしようと思っていたら
同じアオヤマ・ラボで
1リットルのハトムギ化粧水が!

今回は
ハトムギ化粧水を買ってみました。

早速比べてみます。

かずのすけさんのおすすめしか使わない!

化粧水のご紹介の前に

私が絶対的信頼を置いている
かずのすけさんを紹介させていただきます!

私はシャンプーから基礎化粧品まで
身体につけるものは全て
かずのすけさんのおすすめする商品か

かずのすけさんがプロデュースしている
商品しか使っていません。
ディアテック カウンセリングシャンプー と ナプラCPモイスト でツヤツヤの髪に
シワ改善ナイアシンアミド配合 無印良品薬用リンクルケアマスククリームマスク

かずのすけさんはまだ学生だった頃から
ホームページやブログで
化粧品の成分解析をしていていました。

わかりやすい文章と
読んでいてとても好感のもてる・信頼の出来る方だと
感じていました。
https://kazunosuke.net

いまではご自身のプロデュースする基礎化粧品や
シャンプートリートメントなど販売しています。
https://cores-ec.site/ceralabo/

でも相変わらず
市販の商品もおすすめされしています。

本来ならライバルのはずなのに!

化粧水・乳液・美容液などの基礎化粧品は
必ずしも全部を使う必要はないと知ってから
数年ほど化粧水は省いていたのですが、

かずのすけさんが
とても良い!とおすすめの(しかもデカくて安い!)
アオヤマ・ラボの化粧水を知ってしまったら

試してみたくなるじゃないですか。

1リットルのセラミド化粧水

1リットル、1000ml

どちらで書いてもインパクトありますね。
500mlのペットボトルと並べてみました。でか!

さっぱりとしていて
顔にも身体にもたっぷりと使っていましたが
なんと1年持ちました。

セラミド化粧水の特徴は

かずのすけさんの解説によると、

成分は必要最低限のシンプル・低刺激だそう。

赤ちゃんや
小さい子どもにも使えるほど。

また、配合のセラミドも
質の良いセラミドを使っているそうで、

他にもたくさん詳しく成分について
解説してありますので
ぜひかずのすけさんのHPやYOU TUBE をご覧ください。
https://kazunosuke.net

ハトムギ化粧水の特徴は

こちらも
シンプルな成分で低刺激。

数あるハトムギ化粧水の中でも
敏感肌用として特に優れているそう。

私は敏感肌ではありませんが
あまり余計な成分が入っていると心配ですので

ただただ保湿に特化している
というのが安心です。

というわけで
コスパ・低刺激の点では甲乙つけがたい
セラミド化粧水とハトムギ化粧水です。

使用感の違い

ハトムギ化粧水が届いて
早速使ってみたのですが、

え?水?

と思ってしまうくらい
サッパリしています。

セラミド化粧水の方が
ベタつきがあるというか。

ちょっと保湿力を心配しましたが
大丈夫そうです。

例えば
私の脚は冬になるとカサカサで
粉ふいて痒くなるんですけど

ハトムギ化粧水をつければ
保湿されて痒くならない。

とりあえずこれで充分
化粧水の役目は果たしてる感じ。

でも、これから私の住んでいる地域は
もっと乾燥するので
セラミド化粧水の方がベタつきがあって
良かったかもしれません。

つまり、乾燥する冬の季節はセラミド化粧水。

夏の間はさっぱりしたハトムギ化粧水を使った方が良いな。

ハトムギ化粧水の方が
水みたいに感じるため
バシャバシャたくさんつけています。

一年は持たない気がしています。

ベタつき苦手な子どもには

わが家の子どもたちは
ベタベタするのをつけるのが嫌い。

1人アトピー肌がいるのですが
症状がひどくない時は
このハトムギ化粧水で充分そうです。

出てくる勢いがスゴイ

セラミド化粧水もハトムギ化粧水も
ポンプがちょっと硬いので
押すとビュッと
結構な勢いで化粧水が出てきます。

小さい子は力の調整が難しいので
化粧水があちこちに飛び散ってしまうと思います。

コットンにとるのも良いそう。
私は手で直接顔につける派です。

コットンはこちらがおすすめ

リピするなら

1年を通して使うなら
さっぱりしたハトムギ化粧水が良い感じ。

これからもっと乾燥してくるので
脚のかさつきが抑えられるかどうか

継続して観察してみます!

タイトルとURLをコピーしました