パナソニック ビストロをつかってみて

ワーママの優れもの

23年使ってきたオーブンレンジをとうとう買い換えることに!

オーブンレンジといえば、大人気なのが

日立のヘルシオ

と、パナソニックの ビストロ

ヘルシオは使いこなすのが大変かな〜?という
先入観が捨てられなかった。

そこで今までのオーブンレンジと使い勝手が似ているという理由で

「パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ」を買いました。

さっそく使用感を書いていきます。

パナソニック ビストロの特徴

新しくオーブンレンジを購入するときにこだわったのは

電子レンジ機能が良いこと!

電子レンジは毎日使います。
温めムラがあると温める度になんどもチンするはめに。

あとは揚げ物ができると嬉しい。

大量の油処理が大変なので、
揚げ物は惣菜を買っています。

惣菜だとコロモが分厚くて油っこいので
家で(カンタンに!)揚げ物がしたい。

前回買った時から23年も経っているので、
どれを買っても性能が良くなっているだろう!と期待。

購入したのはこちら。

906モデルですが、今は907になっているようです。

毎年のようにモデルチェンジするのと、
人気があるため

価格はショップによる違いは少ない気がします。

大きさは幅494㎜ x 奥行435㎜ x 高さ370㎜

こちらにど〜んと置いています。

ローストビーフに挑戦

ローストビーフを作ってみました。

買ったときについてきたレシピと説明書が一体になった本。

全215ページもあります。
そのうち説明書は76ページ。基本的なレシピがたっぷりあります。

ローストビーフのレシピ

こちらスーパーで買った安い牛ロース
約1kgあります。

サラダ油とニンニク、こしょうをすり込んで
付属の角皿にのせます。

この角皿は2枚ついてきました。上下2段だからですね。

周りに冷蔵庫にあった野菜をのせて

250度 予熱あり1段 にセットして

予熱が終わったら
30分焼きます。

金ぐし(フォークで代用しました)刺してみて
抜いたところが生ぬるければ加熱完了。

アルミホイルで包んで蒸らします。

出来上がり。ちょっと加熱しすぎたかも。。

お肉に火が通り過ぎたので
ちょっと硬い仕上がりになってしまいました。

グリルで焼き魚も

グリル皿でアジの干物を焼いてみました。

付属のグリル皿はフッ素加工してあるので
洗う時はゴシゴシこすってはいけません。

減塩で焼きたいので
給水タンクに水を入れます。

ダイヤルを回して
オートメニュー25番を選んで
スタート!

写真だとイマイチにみえますが、
ちゃんとふんわりこんがり焼けました。

途中ひっくり返したりはしなくても
裏もちゃんと焼けています。

あらかじめクッキングペーパーを敷いておくと
洗う時にラクです。

フライの出来は?

フライもグリルで調理します。

パン粉に油を混ぜておき
小麦粉 卵 パン粉をつけて

オートメニュー「こんがり8分」でスタート。

油で揚げたのと比べると
ちょっとパンチが足りない感じです。

カリッとしたパン粉焼きといった感じになります。

冷凍餃子とスチームトーストに挑戦

・冷凍餃子のあたため
焼き魚と同様、グリル皿でカリッと仕上がりました。

・スチームトースト
普通のトーストと違いがわかりませんでした。

スチームでふっくらと焼ける高級トースター「バルミューダ」が欲しいのですが
わたしには味の違いがわからないかも。
と、スッキリ諦めがつきました。

・オーブン

前のオーブンは1段だったので、2段の威力はすごい!

大容量で一気にたくさんクッキーが焼けて
娘が感激していました。

温泉卵・手作りパン・茶碗蒸しも作れる

試してみたいのは

・温泉たまご 
電子レンジでできるなんてすごくないですか?

・パンの発酵
パンつくってみたい。

・茶碗蒸し
スができないと期待です。
プリンも滑らかに作ってみたい。


他にも

・ワンボウルメニュー
下ごしらえした材料を耐熱ガラスに入れてビストロへ。
パスタ、中華(とろみのあるものも)、シチュー、フレンチなど。

・2品同時調理
鶏の照り焼き と かぼちゃの煮物
塩サバ と きんぴら
などを同時に調理することができる。

まだまだ使えそうな機能がたくさんあります。

電子レンジは温めムラなし

電子レンジはとても優秀です。
ほぼ一回で温まります。

906モデルを選んだのは

・高精細 64眼スピードセンサー

が搭載されているからです。

もう一つ下のグレードになると

・スイングサーチ赤外線センサー

搭載です。

この2つの機能の違いはわかりませんが・・

電子レンジ機能を最優先させたかったので
大満足しています。

お手入れ方法

普段は
周りと庫内をザッと水拭きしているだけです。

今回はスチーム機能で庫内の汚れを浮かせて
落としやすくする機能を使ってみました。

給水タンクを満水にして

オートメニュー51を選んでスタート

約20分後

庫内がまんべんなく蒸されています。

庫内は配線がないので拭きやすい。
水分を拭き取ってスッキリ汚れも落ちました。

この黄色い丸で囲った部分はセンサーなので
触れてはいけないそうです。

他にも魚の臭いなどが気になる時に
庫内を加熱して消臭するお手入れなどもあります。

ビストロで調理が豊かで時短に!

ビストロにして毎日の調理がとてもラクになりました。

ワーママの生活は
スイッチポンでほったらかし
お手入れカンタンが重要。

ビストロはぴったりです。

やはり23年も経つと
とても便利になっていますね。

もっと使いこなせればもっと便利になる!

グリル皿はフッ素加工が剥がれてきたら
買い替えが必要です。

こちらもあると安心です。

うちは皆大きいので
その辺にある布でささっと角皿やグリル皿をつかんで取り出しますが
このあたりは別売りです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました