ブックスタンドで勉強や仕事の集中力・効率アップ!

ワーママの優れもの

ブックスタンド
使ってますか?

ブックスタンドを使うと
勉強や作業の能率がグッとあがります。

小学生から大学生、社会人まで
わが家では取り合いになるほど
人気があります。

ブックスタンドのメリット

もっと早く使っていれば良かった

といつも思うブックスタンド。

  • 本を立てるので見やすい
    腕や首が疲れない
  • 本を押さえるので両手があく
  • 姿勢が良くなる
  • タブレットにも使える
  • 机上スペースが開く

とまあ、良いことだらけ。

デメリットは・・・

  • ページをめくるのが手間

くらい。

まえに、斜めに傾くデスクを買おうかと
思ったこともありましたが

ブックスタンドで充分ですね。

acttoのブックスタンド

わが家で使っているのは
こちらです

このブックスタンドにした理由は

  • 厚さ62mmまで対応
  • 角度調整が自由自在
  • 安定感バツグン

角度が無限に変えられる

商品説明には
角度調整18段階と書いてありますが

実際は無限に変えられます。

こんな直立から

ほぼ平らまで

ここまで平らにしたら
ブックスタンドの意味がありませんが・・

角度調整が限られていたり、
角度が固定されていて調整できないブックスタンドも
ありますが、
調整ができないと使っていて
しっくりこないことも。

ですので、
角度1度から自由自在に調整できるのは
とても使い勝手が良いです。

調整した角度はそのまま固定できるので
どんなに重い本でも
固定が甘くなり
動いてしまうことがありません。

図鑑にも使える安定感

今回記事を書くにあたり
初めて図鑑をブックスタンドに置いてみました。

数年ぶりに引っ張り出してきた
図鑑。重い・・

このとおり
安定感バツグン

わが家では図鑑を載せる機会は
あまりありませんが、

小学生の調べ物学習などには
図鑑もまだまだ使いますよね。

子どもたちが小学生時代に欲しかった。

普通に分厚い参考書も
もちろんしっかりとホールド。

こちらは約400ページの参考書。

独特のくぼみ

このように
本の背表紙が収まるように
くぼんだ立体的な形をしています。

このへこみがあるおかげで
分厚い本や大きい本も
しっかりと安定できるそうです。

また、このくぼみがあるので
ページホルダーを使わなくても
開いたページはキープできます。

よーく見ていただくと
ページホルダーが浮いたまま。

ページをめくるときに
ページホルダーの上げ下げがいらないので
唯一のデメリットである「ページをめくるのが手間」が
軽減されるのです。

透明のページホルダー

ページホルダーは透明です。

透明ですが
字はしっかりと隠れます。

透明なので
見た目は邪魔な感じが薄れますね。

机上のスペースをとらない

広げたノートと
ブックスタンドにおいた参考書

両方とも同じB5です。

その他いろいろ載っていますが。

ブックスタンドが省スペースに有効なのは
ご想像のとおりです。

おしゃれではない

黒もあります。

が、プラスチック製な上
厚みもあるので

正直見た目もっさり。

こんな感じが
インテリアとしては理想なのですが

ブックスタンドは
機能性を1番と考えて

おしゃれ感ありませんが

とても満足しています。

タイトルとURLをコピーしました