賃貸と持家どっち?

ワーママの思考

住居は賃貸がいいか

持家がいいか?

どっちが得か?

本や記事などでたくさん解説されています。

どれを読んでも

結局どちらかが圧倒的に良い!という結論は出ません。
「各家庭のライフプランに合わせて」と書いてあります。

わが家は断然賃貸派です。

そこでわが家なりのライフプランを書いてみました。

家族の人数が多いから賃貸

わが家は子ども3人の5人家族。

祖父祖母同居の大家族には及びませんが

まあまあの人数です。

いまは子どもたちに個室を与えているため

80㎡です。

子どもたちが独立していったら

もっと狭い家に引っ越しします。

その時期の人数にあわせて気楽に住み替えができるのは魅力です。

広い家に住みつづけると

老後にメンテナンスが大変そうです。

何ども綺麗な家に住める

持家だと新居であるのは一回きり。

なんどか引っ越しして思ったのは

家はあっという間に汚れること。

とくに水回りはたった一年でかなり汚れます。

こびりついた油汚れや

湯船の下

洗濯機のパンなどの掃除は素人にはお手上げ。

ハウスクリーニングも値段を考えると

ついためらってしまいそうです。

賃貸なら引っ越すたびに綺麗な部屋に住むことができるのが

気に入っているところです。

家にあるものすべてが把握できる

引っ越すということは

家の中を一度空っぽにすることです。

奥の方に眠っているだけの持ち物を

処分できる良い機会になります。

持家だと仕舞い込んだら

ずっとそのままになりそうです。

一番効果的な断捨離です。

子どもを巻き込める

子どもが小さいうちに持家にすると

必然的に子どもの部屋は決まり

後からの変更は難しいです。

わが家の最近の引っ越しは

子どもたちが高3、中3、小6の時でした。

大きくなった子どもたちと

この部屋はどう使うか?

家具はどこに配置するか?

などあれこれ考えました。

子どもたちの柔軟な発想もたくさんあって

全員満足のいく引っ越しとなりました。

良い賃貸を見つけたから

駅まで8分。

平坦で夜も明るく広い歩道。

徒歩3分に商業施設があり

コンビニも至近距離。

各種病院も徒歩圏内。

公園も敷地内。

造りもしっかりしている。

言うことなしの賃貸物件を見つけたことも大きな理由です。

最高に住み良い!

持ち家にしたら駅から遠くなるなど

色々不便になってしまいそうです。
少しの期間なら良いのですが

今後数十年と我慢するのは辛いです。

住んでみて欠点がわかったら気軽に引っ越せる

せっかく持家にしたのに

お隣が汚家だったらどうしよう。

住んでみないとわからない騒音があったら?

子どもが学校で避けようのないイジメにあってしまったら

引っ越ししてでも逃げたい。

など想像すると

気楽に引っ越しができる賃貸が良いのです。

借金したくない。金利払いたくない。

莫大な借金が怖いのです。

持家を購入すると団体信用生命保険に加入します。
ですがこの保険は

失業や収入減には対応していません。

失業や賃金低下でローンを払えなくなって

持家を売っても借金が残ってしまったら?

持ち家は非常にリスクのある買い物なのです。

あと

単純に金利分を払うのがイヤ。

普段銀行のATMの手数料も払いたくありません。
比べ物にならないくらい多額になる金利は

もっと払いたくありません。

買うなら全部キャッシュにしたい。。

最後に

わが家が賃貸にしている理由は、

賃貸が人生最大のリスクヘッジだと

思っているからです。

これからずっと同じ賃金が続くと限らないのです。

子どもたちが独立したら

もう少し駅から離れているところに
小さい家を買おうかな。

それとも免許返納後も快適に暮らせる駅近物件にしようかな。

これが一番の理想ではあります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました