14歳17歳19歳 ファイザー予防接種1回目体験

ワーママの思考

今や国民の50%が2回接種済み。

私の会社でも2回目接種の方が増えてきています。
どんどん進んでいるんだな、と実感。
50代の私の副反応についてはこちらをご覧ください。
コロナ予防接種 軽かった副反応の様子

で、若者世代の子どもたち。
ようやく1回目を接種してきました。

まずは気になる副反応

この記事を見てくださっている方は
副反応を気にされているのでは、と思います。

まず結論から。

3人とも基礎疾患はありません。
小さい頃からの予防接種は今までに副反応が強く出たことはありません。
インフルエンザ予防接種で腕が少し腫れるくらいです。

接種した時間は13:15でした。

19歳 翌日少し腕の痛み。そういえば倦怠感あるような、な感じ。

17歳 当日の夕方に腕の痛み。腕を上げると痛い。
   この子は毎年のインフルエンザ予防接種でもわが家で唯一腕が腫れる。

14歳 当日夜に腕の痛み。触れると痛い〜な反応。

腕の痛みは翌日まで続きました。発熱はなし。

想定通りの副反応でした。

スムーズな予防接種会場

予防接種を平日に受ける時は、
学校は休みではなく出席停止扱い。

なので曜日を気にせず
なるべく早い日にちを選びました。

結果、金曜日の予約です。

市の集団接種会場でしたが、
受付から接種まで5分とかからず非常にスムーズ。

というより、ガラガラ。

14歳の中学生のみ保護者付き添いが必要と言われたので、
上の2人は放置。

でも空いているので、
上の2人も目の前にいて、受付から接種後まで様子がわかりました。

市の職員の方々もとても親切です。
接種後は会場で15分待機してから帰るのですが、
その15分の間も看護師の方が
何度か子供達に様子を聞いてくれていました。

携帯をいじりながら時間を潰していた私より、
ずっと気にかけてくださり感謝です。

用意したもの

水分をとった方が副反応が出にくいと聞いていたので、
ポカリスウェット。

ポカリって高くないですか?

スポーツドリンクはいつもアクエリアスばかりなので、
たまのポカリは子どもたちには大受けでした。

何本も買うと重いので、
久しぶりに粉タイプを購入。

後は鎮痛剤。

14歳の子には小児用バファリン。

上の子達には
バファリンプレミアム。

飲み慣れた鎮痛剤を用意しましたが、
幸い今回は使用せずに済みました。

他の予防接種との間隔

14歳の長女は、
8月の初めに3回目の子宮頸癌ワクチンを接種していましたが、

今回のコロナ予防接種との間隔は充分空いていました。

子宮頸癌ワクチンは無償で受けられる年齢が決まっているので、
接種する際には年齢と間隔に注意が必要です。

子宮頸癌ワクチンは有償だと医療機関によりますが、
1回約2万円×3回です。

ですので無償年齢のうちに、と受けました。

子供たちの意思は

予防接種をすれば副反応がある。

副反応は嫌だな、という子供達。

でも実際にコロナに罹患したら、
軽症でもかなり辛いらしいということも理解しているので

打たない、という選択はしませんでした。

どうしても打ちたくないって言われてたから、
悩んだだろうなぁ。

入院できなかったとしたら
知識も不十分なのに自宅療養なんて怖いですから。

次回は3週間後

1回目は腕の痛みで済みましたが、
やはり緊張するのは2回目です。

ほぼピッタリ3週間後。
3人同じ会場、時間で予約がとれました。

また私は付き添いできます。

会社の特別措置で
予防接種付き添い休暇が取れるのと、
在宅勤務も取って数日しっかり
見守ることができるのが有難いです。

タイトルとURLをコピーしました