パナソニック食洗機 ドア開エラーがでた!

ワーママの優れもの

わが家は据え置きの食洗機を愛用中。

パナソニック↓

ここ数ヶ月、
「ドア開」エラーが出るようになり
とても困っていたので

対策を考えました。

パナソニック NP-TRS

7年使っている
パナソニックの食洗機。

これは2代目なので、
据え置き型食洗機歴はかれこれ13年。

5人家族なので
レギュラータイプです。

食洗機はビルトインが主流のようで
据え置き型を発売しているメーカーが
とても少なくて。

買い替えるとしたら次も
パナソニックになります。

食洗機、高いんですよね。

でも絶対に絶対にワーママにはかかせない
食洗機。

故障したら
即!泣く泣く新調するしかありません。

少人数用ならまだ買いやすい価格↓

少人数用なら取扱メーカーも増えます

ドア開エラーがでた!

平日1回、
休日2回は回す食洗機。

ある時から
「ドア開」マークが点灯し、
ピーピーピーとエラー音がでて
停止してしまうようになりました↓

食器を詰め込んでいるので、
ドアが閉まりきっていないんだな、と
ドアをグッと押し込んでみると
稼働再開。

でもすぐに「ドア開」が点灯→停止。

最後までエラーがでない時もありますが
たびたびピーピーピーと呼ばれるので
ストレスです。

「ドア開」エラーの原因は

「パナソニック 食洗機 ドア開」
で検索してみると、

結構あるんですね。
「ドア開」エラーがでるケース。

どうやらここ↓

この突起がセンサーに接触することで
ドアが閉まって→稼働
となるようですが

センサーに接触不足?となって
「ドア開」エラーになるんですね。

この白い突起をきちんとセンサーに
当たるようにしなければなりません。

食洗機を掃除してみた

ドア付近の溝などに
汚れがたまっていると
ドアがきちんと閉まらなくなっていて
センサーが接触不良状態になっているのかも。

いつも洗ったことのない溝やパッキンの裏まで
掃除してみました。

たしかに
ちょっとしたクズなどが溜まっていました。

そこそこ綺麗にしたので
いざ!稼働。

でもピーピーピーと鳴ってしまいました。

残念。。

後日見落としていた溝を洗ったら・・↓ 
パナソニック食洗機。ドア開エラーがでた!その2

分解する?ムリムリムリ

猛者はいるもので
「分解してセンサーの感知を甘くするように調整」することで
「ドア開」エラーを出さなくする方法を
たくさんの方が紹介されています。

分解は簡単と書いてありますが

  • 本体が重いので倒したりが大変
  • 高い家電なので万一壊れてしまったら悲惨・・

の理由により
分解は選択しないことに。

白い突起を伸ばす


この白い突起の長さをのばして
センサーに当たるようにする作戦。

こんなイメージ↓

超強力接着剤を使います

先端に接着剤をのせて
センサーに丁度良く当たるように
調整していく。

不器用な私には
もう少しハードルの低い方法が
あると良いのですが。

テープでドアを固定する

そこで思いついたのが
ドアを閉めてテープでとめる、という

とても原始的な方法。

使うのは養生テープです。
養生テープなら跡が残る心配がありません。

このようにドアが
少し浮いているので


養生テープを貼ります。

比べると
しっかりと閉まっていることがわかります。

これで稼働!

一度もピーピーピー鳴ることなく
最後まで行くことができました。

手軽でコスパも最高

養生テープは
100均のものも使ってみました。

グレーの方が100均です。

100均の養生テープは

  • 粘着力が弱い
  • テープの質が悪くペラペラ
  • 幅が狭い
  • 巻メートルが少ない
  • 繰り返し使えない

と、良いことなしです。

養生テープはメーカーのものを
買った方が良いです。

30個もいらないけど・・

何回か粘着力も持つので
食洗機の外側にペタっと貼っておきます。

ドアを閉めるたびに
養生テープで固定。

手間といえば手間ですが、

  • 修理依頼を出す
  • 修理見積もりの日時を決める
  • 当日台所を片付ける(必須)
  • 修理費を出してもらう(数万円?)
  • 修理しなくても出張費は支払う(数千円?)

以上を考えると
とってもコスパの良い方法です。

とりあえず
満足!

もう少し壊れないでいて欲しいものです。
高いので・・

後日見落としていた溝を洗ったら・・↓ 
パナソニック食洗機。ドア開エラーがでた!その2

タイトルとURLをコピーしました