自分の時間を作るためにやらないこと6つ

ワーママの思考

子どものこと
家のこと
地域のこと
学校のこと

ワーママは毎日やることがたくさん。

仕事がお休みの日でもフル活動で
自分の時間がなかなかありませんね。


なので、

なんとなくやっていることは
なるべく早いうちに
やめてしまいましょう。

配膳をしない

食事のたびに
ママが食卓まで
ご飯を運ぶのって一苦労です。

おぼんに載せて1人で何往復もしていませんか?

配膳は家族全員でやってもらいましょう。

お子さんが小さいうちは
ママが手伝う必要がありますが
(運んでいる途中でこぼすかも・・)
パパの分はパパが自分でやりましょう。

「自分の分は自分で運んで〜」。

わたしは引っ越すたびに
キッチンとダイニングテーブルの動線を
効率良くしようと考えていますが

結局往復することになります。

家族が自分の分を運ぶだけで
かなりラクになります。

子どもたちが大きくなったら
器によそうのも自分で、です。


食卓に全員分配膳して、
「食事できたわよ〜」の声に
家族が笑顔であつまる。

なんてCMによくある光景。

あれってママが
すべて運んでいる前提ですよね。

全員で調理して全員で食卓に運ぶ光景

に変えてもらいたいです!

食器を下げない

食事のあとは
自分の食器は自分で下げる。

こちらは
すでに実践しているご家庭も
多いと思います。

これならパパも抵抗ないのでは。

1人が食洗機にお皿をいれている間に
どんどん食器を下げてもらいます。

食器のご飯粒が乾かないうちに
食洗機にすべて入れてしまうのが
理想です。

パパの帰宅が遅い時も
下げてもらうくらいは
やってもらいたいですね。

理想は
下げた後に食洗機にセットしてまわしてもらう。

です!

子どもたちが大きくなってくると
部活・塾・友達とあそんだり、で
家族揃っての食事も
すくなくなってきます。

そうなると
食洗機を回すタイミングが難しい。

子どもはせめてシンクに持っていって
食器に水をはっておいてもらいましょう。

服をそろえてあげない

ここからは、

パパにやってあげないことを書きます。

自分の服は自分で用意する。

小学生になるとあたりまえ。


パパも自分で用意する。

出勤まえの準備など、
自分でやってもらいましょう。

書いているとあたりまえと思うのですが。。

意外とされているママも多いのでは。

出張の準備をやってあげない

パパの出張の準備。
下着やワイシャツなど?

ママが揃えている家庭って
あるのでしょうか?

わが家は
夫は自分のことは自分でやるので
想像がつきませんが。

でも
会社のおじさんが
「出張の用意、自分でやってるんだ!」と

ちょっと自慢げに
話している様子から想像すると

やってもらっている、
手伝ってもらっている
家庭が多いのかなと。。

普段なんでもやってあげていると

どこになにがあるのかわからない。

そうすると

出張の準備もしてあげることになるのでしょうか。

下着類をかってあげない

下着や靴下など

ママが買うことも多そうですね。

自分で買って、自分で管理。

ワーママは買い物だって

たくさんあるんです。

1人分の服の管理がなくなるだけでも

ラクになりますよね。

休日の昼食の用意をしない

たいてい昼過ぎまで寝ている夫の

昼食の用意はしていません。

好きな時間に起きるのはよし。

起きて、なにもなかったら

自分で好きなものを買いに行っています。

ついでがあれば

私が買ってくることもありますが。

子どもたちも同じ。

起きてくる時間がバラバラなので

好きに食べてもらいます。

自分でやってもらえる環境をつくりましょう

ここまでやらないのは

めずらしいでしょうか。

それでも

洗濯

掃除

夕食の準備

は私がやっているので

分担としては私のほうがかなり多いです。

私の会社は

専業主婦・共働きでも扶養の範囲内で

という家庭がとても多いです。

パパはお小遣い制。

なので、

「自分の分は自分で買って!」という生活スタイルには

なりにくいのだと思います。

もしくは節約のため、

パパに好きなものは買わせない。

そうなると

ママがやらなければならないことが

どんどん増えてしまいますね。

まずは

ママも収入を得て

パパには自分のことは自分でやってもらって

自由な時間を手に入れたいですね。

タイトルとURLをコピーしました