ガスファンヒーターが暖房で1番おすすめなワケ デメリットもご紹介

ワーママの優れもの

暖房器具ってどれがいいのだろう。
と悩みます。

わが家は約7年
ガスファンヒーターを愛用しています。

なぜなら
バツグンの暖かさ
手入れなどの手軽さ
がピカイチだからです。

あまりの快適さに
長男の部屋にもう一台
ガスファンヒーターを設置しました。

あらためてガスファンヒーターの良さを
実感する毎日です。

ワーママにもぴったりなポイントも
たくさんありますので

おすすめな理由を書いていこうと思います。

合わせてデメリットもお伝えします。

メリット1 スイッチ入れたら3秒で即暖かい

なによりすごいのは
ガスファンヒーターのスイッチを押すと

ものの3秒でパワフルな暖かい風が
ゴォーっと出てくるところです。

朝起きた時
さむーいと帰宅した直後など

少しでも早く暖まりたい時にほんと助かります。

イノシシママ
イノシシママ

寒い朝も即暖まって即行動ができるので助かってます。

暖かい風は下から出てきます。
暖かい空気は下から上へ上がっていくので
効率良く部屋全体が暖まります。

冷えるとつらい足元に直接温風があたるので
気持ちいい。

部分暖房と部屋全体を暖めるのと
両方兼ね備えている優れものです。

メリット2 お手入れが簡単すぎ

部分暖房と部屋全体暖める機能を兼ね備えている
という点では灯油ストーブでも同じかもしれません。

でも灯油を買ってストーブに補給するのってたいへん。

その点ガスファンヒーターは
燃料補給をしなくてもいいんです。

イノシシママ
イノシシママ

灯油買わなちゃ!補給しなきゃ!のストレスがいりません

エアコンや電気ストーブ・デロンギなども
燃料補給は不要ですが
これだけだとちょっと暖かさのパワーが足りません。

お手入れは月に1回くらい

ガスファンヒーターの後ろ側と
前面の吹き出し口のほこりを払うだけです。

掃除機をかけるついでに吸っちゃっています。

私の苦手な内部フィルター掃除がないのは
ホント楽ちん。

背後にむき出しになっているこのフィルター。
頑丈(鉄製?)なので掃除機をかけても大丈夫。

前面下の吹き出し口のほこりも
掃除機で吸っています。

ちなみに設置も簡単なはずです。

というのも長男があっという間に
自分の部屋に設置してしまったので

どうやって設置したのかナゾなのです。

メリット3 加湿器がいらなくなる

ガスファンヒーターって燃焼すると
水蒸気を発生させるんです。

つまり加湿器不要ということです。

加湿器を購入する必要がなくなって
場所も手間もお金もセーブできました。

イノシシママ
イノシシママ

加湿器選びにも悩んでいた私にはコレが1番のポイントです!

ウチはリビングも長男の部屋も南側。

日差しがたっぷり入って良いのですが
乾燥しがちです。

長男はたびたび喉が痛いと言っていました。

でもガスファンヒーターを使いはじめたら
今まで湿度が20%にも満たなかった部屋が

あっという間に50%近くまで上昇しました。


湿度が高いと体感温度が上がるようで
より暖かく感じられて快適です。

メリット4 濡れたものを乾かす

ガスファンヒータを使うと乾燥しないので
部屋干しの洗濯物は乾きにくいかもしれません。

でも子どものスタイとかタオルなど
ちょっとした小物を
ガスファンヒーターの前に置いておくと

あっというまに乾くんです。

例えば月曜の朝に
「上履き洗うの忘れてた!」なんて時も

速攻で洗って
ガスファンヒーターの前に置いておいて乾かした!

なんて凄技をしたことも。
30分もあれば乾くはず。

洗い替えの少ない体操着や
雨で濡れた運動靴を洗って乾かすなど意外と

「小さめのもの」って乾かす機会があるんですね。

すぐ乾くので生乾きの臭いも出ません。

暖かくなってガスファンヒーターをつけなくなると
この「ちょっとした洗濯ものを乾かすワザ」が出来なくなるので
途端に不便になるほどです。

メリット5 メーカー・機種が少ない

私的にすごく良かったのが
「製造メーカーも機種も少ない。さらに機能もとても少ない」ことです。

家電を買うときって

Panasonicがいい?
東芝がいい?日立?三菱電機??

ってまずはメーカーで悩んでしまうワタシ。

格安メーカーや外国製も加えると
たくさんありすぎ。。

ガスファンヒーターを購入しよう
と調べたところ製造メーカーは
なんと”リンナイ”と”ノーリツ”だけ。

両方とも国内有名メーカーなので安心です。


機種もたくさんグレードがあると
今はどの家電もスマホ対応・非対応があったり

こんがり焼けたりカリッと焼けたり
何がどう違うのー?

と悩んでしまいます。

が、ガスファンヒータのシンプルなこと!
これが約5年前の操作ボタン

今年購入品の操作ボタン。
スポット機能だけが増えています。

グレードの種類もあまりなく
畳の大きさで選ぶくらい。

結局買っても使わない機能ってありますが、
「安い方で充分だった」
「グレードの高いの試してみたかった」

などという後悔も出てきません。

色はほとんど白で
形もどれもほぼ同じです。

皆さんにとってこれはメリット・デメリット
どちらなのでしょう?

デメリット1 換気が必要

ここからはデメリットです。

どの暖房器具でも換気は必要ですが
ガスファンヒーターも同じです。

1時間に1〜2回(1〜2分)程度窓を開けるように
説明書に書いてあります。

換気不要の暖房器具ってないので、
デメリットとも言えないかと思います。

デメリット2 ガス栓が必要

わが家の賃貸は元々ガス栓が付いていて
「やった!ガスファンヒーターが使える!」となったのですが

ガス栓のないご家庭では設置工事が必要です。
大体1万から2万円くらいかかるそうです。

デメリット3 ガス代はかかる

気になるのは暖房費。

ガスファンヒータは電気代こそほとんどかかりませんが
ガス代はかかります。

わが家2台、日中稼働することも多く
月2万円ほど。

デロンギや電気ストーブの電気代よりは安いのですが。

部屋の温度が一定になったら一時停止する「エコ機能」と
電気代の安い電気カーペットを併用しています。

購入時に注意することは

7年前にはじめて買った時は
ガスってちょっと心配なので直営店で買いました。

直営店は正直高かったと思います。
今回は楽天で買ったので
少しは安かったです。

また購入の時は
ガスホースを買うのをお忘れなく。

ガスホースがないと絶対使えないのに
何故か別売りなんです。

もう一つ、
都市ガス・プロパンガスによって
使用できる製品が異なりますので

誤って購入しないようご注意ください。

白以外発見!高級そうな色ですね。

ガスホースは必要な長さを測ってから
購入すると良いかも。

短すぎると困るのはもちろんですが
長すぎても邪魔になります。

ちなみに、
操作ボタンのオンオフなどに電気を使用するので
設置場所の近くにコンセントも必要です。

タイトルとURLをコピーしました