派遣社員 慣れてきた頃の落とし穴に落ちないように

ワーママの思考

私は一部上場メーカー社で
人事部採用担当4年
営業部で派遣社員教育2年
派遣社員の方と携わってきました。

そこで派遣社員として働く時のことについて
記事にしています
事務派遣社員の面接は?エクセルはどのくらい必要?など
派遣社員 初日についてと、仕事はどのくらいで慣れるの?

この記事もご覧ください
派遣社員の「3年ルールの抜け道」は現実的ではありません
派遣切りではないけれど 派遣終了です

この記事では仕事に慣れてきた頃に
やってしまいがちなミスについて書きます。

慣れてきた頃の様子は

通勤は
もういつもの道。

会社の施設や設備、会議室などもすっかりわかって
迷子にもならないし、

職場も、いつもの顔ぶれ。

電話も自然と取れるようになっていて
いつもの取引先とすぐわかる。

大変だった最初の時期をなんとか乗り越えて、
日々の仕事はすっかり1人でできるように。

新しい仕事もまだまだあるけど、
「仕事がこなせている」感じが日々してきます。

1ヶ月経ったら、

私たち、派遣社員をお迎えした側も
すっかり慣れてもらえてホッとする頃です。

もうマニュアルはいらない?

仕事を覚えてくると
頼りにしていたマニュアルやメモも
あまり見なくなります。

また、いちいちPC画面から目を離して
マニュアルやメモを見るのは

面倒に感じてしまいます。

作業効率が落ちるし、
なにより何も見ずに

どんどん仕事をこなすのって
カッコいい。

もうマニュアルもメモもいらない。

で、大丈夫でしょうか。

知らないうちに飛ばしてる

仕事に慣れて、
手順をすっかり覚えてしまうと

面倒なのでマニュアルやメモを見なくなります。

そうすると

いつの間にか必要な手順や、
しなければならない確認を飛ばしてしまっている・・

ということが起こります。

仕事に慣れてくると、

「ああ、いつもの処理ね。はいはい」
とささっとこなしてしまう。

こうなった頃に仕事の失敗が起こりやすいです。

私自身もそうでしたし、
新卒入社の人も同じ失敗をしますし、

もちろん慣れてきた派遣社員も同じ失敗をします。

原因は
マニュアルを確認しなくなったから。

仕事は「見ないでできるようになる」ことを
求められておらず、

「正確に処理すること」が求められています。

マニュアルを確認したとしても
それほど時間はかかりません。

要点だけでも毎回確認する、
または、たまにマニュアルを読み返す

ことが大切です。

あの時感じた、アレ・・?

毎日同じエクセル処理、データの処理
取引先から送られてくる資料

毎日同じことの繰り返しですが

たまに、「あれ?」とちょっと違和感を
感じることがあります。

サッと目を通した時や
送られてくるメールなど。

このとき感じた違和感を
放っておいてはいけません。

大抵なにか、ちょっとした「変化」があって
いつも通りのはずのデータが
イレギュラー処理が必要なことがあるからです。

これを見逃すと、
半日、1日、1ヶ月後などに行う照合処理のときに
いつも合うはずが、なぜか合わない。

探してみると
あの時感じた「違和感」のあったデータが
原因であることが多いのです。

ですので、
毎日の処理にちょっとした「アレ?いつもと違いような気がする」と
感じたら、

もう一度よく見直してみたり、
なにか違うようだと相談することが大切です。

ミスの報告は早めに

不幸にもミスを発見したら、
なるべく早く報告をするようにします。


仕事にミスは絶対についてきます。

何年も仕事をしていると
ミスをしたときの原因の探し方も
上手になってきますが、

最初は1人で原因を探しすことは
難しいので

とりあえず、現状を報告します。

その上で、指示を受けます。

まず原因を探すのか、
他の方法でカバーするのか
他の部署へ報告するのか

など、さまざまな解決方法がありますので
自己判断はしてはいけません。

早くミスを発見し、報告をすれば
問題も浅くて済みます。

再発を防ぐ方法を一緒に考えることはあっても
ミスをしたこと自体を責められることはありません。

隠してしまう方が余程責められることになります。

報告するときは
冷や汗もかくし、心臓も飛び出るし
本当に辛いですが

ミスの後は必ず成長があるので

グッと勇気を出すことです。

タイトルとURLをコピーしました