たくさん対策しているアラフィフ。白髪対策のおすすめは

ワーママの優れもの

アラフィフの私。

白髪はやっぱり
気になります。

せっせと取り組んでいる白髪対策と白髪染めについてご紹介します。

いまの状態は

私はアラフィフにしては
白髪はまだ少ないと思います。

たまに同級生に会うと
白髪が少ないですし、友達からも驚かれます。

こめかみや生え際にどっと
白髪のかたまりが〜というのはなくて

かきあげてみるとチラホラ目立つくらい。

白髪が少ないのは遺伝?
私が小学生の頃には
母は家で染めていたので
白髪がなかったわけではなさそう。

食生活は一汁一菜で野菜不足ですし、

運動もしていません。

心当たりがあるとすれば
次に書いている頭皮マッサージを
せっせと続けていることです。

毎日の頭皮マッサージは欠かさずに

頭皮マッサージと耳のマッサージは大好きで
ほとんど毎日欠かしません。

運転中の信号待ちの間に耳をぐりぐりしたり、頭皮をがしがし動かしてみたり。

そして、

とにかく最高に気持ち良いのがこちら↓

このマッサージャーを
湯船につかりながら使っています。

防水なので安心。

頭皮と耳周りを
マッサージすると

顔もポカポカしてきて
血流がよくなっているんだな
と実感できます。

この商品の説明はこちらに詳しく書いています↓

ドクターシーラボのリフトアップマッサージャー

あとは
グッズをつかってマッサージ。

わたしが使っているのはこちら↓

この手のひらみたいなマッサージ器は
ロフトで夫が買ってきてくれたもの。
(なんで買ってきてくれたのか忘れてしまいましたが)

もう5、6年は使っています。

適度な硬さがあるので
強くマッサージしたいときや
弱くマッサージしたいときなど、自由自在に操れる感じ。

いまでもロフトに売っているので、ロングセラーなんですね。

ヘナは髪を丈夫にするけど・・やめました

3年ほどヘナを使って白髪を染めていました。

ヘナは自然素材で、ヘナの成分は
髪を強くする作用があるので
人気がありますよね。

ヘナは独特の赤オレンジ色に染まります。

街でよく見かけるあの赤オレンジ混じりの髪は
ヘナだったんだと気が付きました。

この赤オレンジ色の髪の毛はあまり好きではなくて、
黒や茶色に染まるヘナを使っていました。

でも白髪の本数が増えてくると
やっぱり独特の赤オレンジ色が目立つようになって

ちょっとおばあちゃんっぽいのが気になって

ヘナはやめました。

市販の白髪染めで染めてみると

ここ数年はさすがにちらほらと
表面の白髪が目につくようになり。

市販の白髪染めをつかって
全体を染めてみました。

とてもよく染まりますね。
染めむらゼロ。

赤オレンジ色の髪もきれいになりました。

でも数日経って
ふと気づいたのですが

なんか髪がパサついてる〜・・

やっぱり傷むのかなと
ちょっとガッカリです。

私の使った泡で出るタイプが1番痛みやすいそう。

とっても手軽なんですけどね。

白髪染めトリートメントはイイ感じ

次に白髪染めのトリートメントを使ってみました。

トリートメントタイプなので傷みにくい。
美容に詳しいカラー診断のプロの方に勧めてもらいました。

染めるときは
白髪染めのにおいがします。

とりあえず表面の白髪が目立たなければ良いので
表面にたっぷりとぬって

10分くらい放置して
よーくシャンプー。

娘に白髪が目立ってきたと言われたら
トリートメントしています。

だいたい月に一回染めると、白髪が気にならないです。

こんな感じに染まります。

傷みも良くなってきました。

ブルーベースの私はダークブラウンを使っています。

写真ではうまく映らないのですが、
光の加減によってはうっすらと赤茶にみえます。

地毛が真っ黒なのですが
少しマイルドな印象に染まりました。

私はちょっと硬めの営業職なので、
あまり明るい茶髪にはしたくありません。

ダークブラウンですこし軽さがでるので気に入ってます。

片手に100均のビニール手袋をはめて、
トリートメントをのせて
髪の表面にたっぷりと伸ばすだけ。

コームも使いません。

髪の表面だけに塗るのでケープもしません。
(汚れてもよい家着ですが)

肩くらいの髪の長さで
5、6回使えるのでコスパは良いですよね。

白髪のめだたない髪型は?

さらに白髪の目立ちにくい髪型にしています。

先ほどの写真は地毛のストレートですが、
いつもはコテでゆるふわにしています。

複雑にカーブしているだけで
グンと白髪が目立たなくなるのでお勧めです。

これからの白髪対策、どうしましょう

こんな対策で白髪はあまり気になりません。

でもでも
もっと白髪がふえてくるでしょうし。

こめかみ、

前髪、

つむじなどに

かたまりで出てくるようになるでしょうし。

髪のツヤもなくなってくるし。

白髪問題はこれからも増えそうですし、
対策も変化していきそう。

新しい白髪対策方法を
一生懸命集めていきます。


タイトルとURLをコピーしました