派遣切りではないけれど 派遣終了です

ワーママの思考

とうとう私の所属部署の派遣社員が契約終了です。

派遣社員のAさん。3年いました。

仕事はできるし
コミニュケーション能力も高い。
いなくなってしまうとかなり痛手です。

契約期間終了なので
いわゆる派遣切りではありません。

でも派遣社員のあり方に複雑な思いです。

派遣社員が増えた3年前

会社のシステムが大きく変更された3年前。

それに伴いマスターメンテナンスや
新しい業務となったことで人手不足に。

事務派遣社員を急激に増やすことになりました。

当時私は人事部にいたので
次々とくる各部署の派遣社員要請に
派遣会社とやりとりの日々。

今回契約終了となったAさんも
その時採用されました。

3か月の予定が3年に

当初、システム移行期間3ヵ月の仕事という話。
でも3か月ではシステムが安定せず
そのまま3か月更新を繰り返し。

システムが安定したのちも
会社の業績も悪くなく契約更新が続きました。

ただし更新は必ず3か月です。

どんなに業績が良くても派遣切り、
雇用どめとならないよう
会社は3か月更新を徹底していました。

その後私が営業部に異動したため
Aさんと仕事をすることに。
Aさんはもうすぐ3年ルールにひっかかるところでした。

3年ルールとは、
「派遣社員は同じ会社の同じ部署で働けるのは3年まで」
という派遣法のことです。

営業部でも仕事のできるAさんにはいてもらいたく
どうしたらよいか考えていたところです。

直接雇用の打診もあったのに

残念ながら50代と年齢が高いため
正社員採用はありませんでした。

ただパートとして直接雇用できないか
部長は人事部と相談していました。

直接雇用とする場合
派遣先会社は派遣元会社に
多額の引き抜き料を支払います。

業績の良い時は引き抜き料の負担もできますが
会社としては人件費は抑えたい。

よほど優秀でないかぎり
別の派遣社員に来て貰えばよいとされ
直接雇用に転換するのは難しいのです。

それでも3年経つギリギリまで
部長は人事部と交渉するつもりでした。

Aさんもそれとなく
直接雇用の話は聞いていたようです。

予期せぬ業績悪化と人員整理

ところがコロナ禍で会社の業績は悪化。

他部署の派遣社員は次々と契約終了です。

社員の賞与も前代未聞のカット。

役員報酬もカット。

ここまでの業績悪化はリーマンショック以来。
その時以上かもしれません。

やはりAさんの直接雇用の話は
なくなってしまいました。

Aさんの担当業務は
残された社員がやるしかありません。

残された社員も大変ですが
Aさんは収入の道が閉ざされてしまったのです。

派遣社員なので仕方がないとAさんは言いますが。

来年大学入学のお子さん
その下にもお子さんがいて
教育費がまだまだかかる時期。

この状況下で
新たな派遣先が見つかるでしょうか。

優秀だったのに

とても優秀だったため
会社で最後の派遣社員となったAさん。

出身大学も他の社員よりも偏差値が高い。

それでも派遣社員なので
学歴は関係なく給与は高くありません。

昇給もほとんどなく。

単純作業が多くて面白みにかける業務。

一旦会社を辞めてブランクができると
こうも条件が悪くなってしまうのですね。

できれば正社員で働こう

Aさんはこの会社で
20年ほどの専業主婦から社会復帰したため
中途採用は諦めていたそう。

20年のブランクがあっても
周りから認められる仕事ぶり。

それでもあくまでも派遣社員。

業績が悪くなれば契約終了です。

一緒に仕事をしてきた私たちは
割り切れない気持ちで一杯です。

非正規雇用が不利にならないように
同一労働同一賃金が唱えられたり

派遣法が改正されたり。

それでも現実は
非正規雇用はまだまだ不利だと思います。

できれば正社員で働こう。

または会社に所属していなくても
収入を得る方法をみつけること。

Aさんをみて強く思いました。

タイトルとURLをコピーしました