派遣社員だった私が正社員になれたワケ

ワーママの思考

私は一部上場メーカー社で
人事部採用担当4年
営業部で派遣社員教育2年
派遣社員の方と携わってきました。

そこで派遣社員として働く時のことについて
記事にしています
事務派遣社員の面接は?エクセルはどのくらい必要?など
派遣社員 初日についてと、仕事はどのくらいで慣れるの?

この記事もご覧ください
派遣社員の「3年ルールの抜け道」は現実的ではありません
派遣切りではないけれど 派遣終了です

この記事では
私自身が派遣社員から正社員になった方法を
書いていきます。

派遣社員は正社員になれる?

派遣社員として働いて正社員に登用されることは、
全然あります。

現に私が派遣社員から
今の会社で正社員になりました。

私のいる支社には
女性社員が30人ほど居てその内5人が元派遣社員。

男性は人数はもっといますが
3人が元派遣社員。

紹介予定派遣で働いていなくても
会社が認めてくれれば
社員登用のチャンスがあります。

業績が良い時と産休・育休の時がチャンス

私の会社は派遣社員を募集するのは
主に次の2つの時。

  • 会社の業績が良い時
  • 育児休暇をとる社員がいる時

会社の業績が良いとどの部署も忙しくなり
事務量が増えます。

今は残業規制が厳しくなっているので
社員に規定時間以上の残業をさせることが難しく
派遣社員が必要になってくるのです。

ハローワークに申請に行くよりも
普段から出入りしている派遣会社の営業に頼んだ方が
手っ取り速いというのもあります。

もう一つは社員が産休・育休を取得する時。

こちらは景気に関係なく
間違いなく1人欠員となるため
派遣社員の募集が出ます。

景気が悪いときは
社員だけで仕事を振り分けて
補うこともありますが・・

社員と同じ仕事をするのは損?

派遣社員で働いていると
本来正社員がやるべき仕事では?

という仕事を任されることもあります。

いずれ正社員になりたいと思っているのなら
これは派遣社員のやる仕事じゃない!
給与に見合わない!

と思うより

これはスキルを磨くチャンス、
と前向きにとらえると良いです。

会社には業績が良いとき、悪いときとありますが
業績が良くなった時に、派遣社員期間の仕事の実績があれば

正社員になれる可能性が広がります。

ただし、あまりにも残業が生じる場合は
断ることも必要ですよね。

ブラック企業でなければ
就業時間内のがんばりだけで

正当に評価してくれるもの。

たとえその会社で社員になれなくても
次の派遣先や中途採用を目指すときに
正社員と同じ仕事を任されていたことは

有益なアピールになります。

派遣社員専用の仕事は・・

派遣社員として働くときに、
派遣社員専用の仕事に就くこともあります。

これは私の会社で働いていた数人の派遣の方に
聞いた範囲なので
あまりはっきりとは言えませんが

次のような会社は
派遣社員専用の仕事を募集していることが
多いようです。

  • 大企業
  • 金融機関

派遣社員専用の仕事だと
大抵は3年のいわゆる「派遣切り」で終了。

大企業や金融機関なだけに
応募者も絶えないため


3年で期間満了としても
会社としても問題ありません。

もし正社員になりたいのなら
こういった派遣先で働くことは
ちょっと遠回りになるかもしれません。

ただし、
企業規模が大きいと良い点もたくさんあります。

  • オフィスが綺麗
  • 都心にあって通勤が便利
  • 仕事が整備されている

仕事が整備されていると
引き継ぎでの苦労は少ないですし

就業したその日から
スムーズに仕事を始めることができます。

正社員になれたワケとは

私が正社員になれたのは
次の環境がそろったからです。

  • 産休・育休取得社員の代わりだった
  • 正社員と同じ仕事を任せてくれた
  • 社員が戻ってきた時に他の部署に欠員がでた
  • 異動先の上司が子育てに理解があった
  • 会社の業績が良い時期だった

運が良かったと思います。

あとは、
「いずれ正社員になりたい(この会社に限らず)」と
言い続けていたことも良かったと思います。

派遣の応募をする時に
担当営業の人に


過去にその会社は
派遣社員を社員に登用したことがあったか

聞いてみても良いと思います。

また、人事部にいた私の経験だと
退職者などで他の部署に欠員がでることも
意外とあるものです。

タイトルとURLをコピーしました