派遣社員 スキマ時間を使って仕事に早く慣れる秘訣

ワーママの思考

私は一部上場メーカー社で
人事部採用担当4年
営業部で派遣社員教育2年
派遣社員の方と携わってきました。

そこで派遣社員として働く時のことについて
記事にしています
事務派遣社員の面接は?エクセルはどのくらい必要?など
派遣社員 初日についてと、仕事はどのくらいで慣れるの?

この記事もご覧ください
派遣社員の「3年ルールの抜け道」は現実的ではありません
派遣切りではないけれど 派遣終了です

今回派遣社員で
仕事についたばかりの時に


隙間時間を使って
早く仕事に慣れる秘訣
について書いていきます。

部署のフォルダーに慣れる

私の会社は
どの部署もたくさんフォルダがあって

はっきり言って全く整理されておらず
非常に仕事がしづらい。

なにかプロジェクトが始まったり
上司や部員が変わるたびに新しいフォルダを作り、

過去のフォルダはそのまま放ったらかし。

もうすごいグチャグチャ。

日々の仕事のフォルダを探すのに
時間を取られることも。

ですので、慣れるまで
必要なフォルダやエクセルにたどり着くのに
時間がかかってしまう。

pcのトップ画面にショートカットを作っておく。
ショートカットを入れた専用のフォルダを作っておく。

なんてことをしておくと良いです。

整理された部署のフォルダを見習う

引き継ぎ期間に時間ができたら
部署のフォルダを眺めておきます。

整理されている部署でしたら
フォルダの題名や中身を見れば

専門用語やよく使う用語などわかります。

今は意味がわからなくても
触れておくだけで良い。

その用語聞いたことある!ということが
必ずあります。
それだけで仕事に親近感がわきます。

上手に整理されている部署なら
フォルダを見るだけで
誰でも仕事がこなせるようになっている。

ホント理想です。

もしそんな部署で働くことになったら
整理の仕方をよく見ておきましょう。

いつかフォルダがグチャグチャの部署で
仕事をすることになったとき
整理を買って出ると
非常に重宝されると思います。

うちの部署のフォルダ、
ほんとなんとかして欲しい・・

カオスなフォルダでも

たとえ部署のフォルダが
何層にもなっていて
一見何が何だかわからない状態でも、

眺めておくことは決して損にはなりません。

先程書いたように
仕事でよく使う言葉をフォルダ名になっていることが
多いので早く仕事に慣れることができます。

できるだけ保存日付の新しいフォルダや
エクセルを開いて見ておきます。

メールは完コピ

仕事にはメールがついて回ります。

どんなメールを書いたら良いか
最初は全くわからなくて当たり前。

日々の仕事の完了報告や
別の部署への連絡などに送ったメールなどを
引継ぎ時に自分宛に転送しておいて貰います。

仕事の連絡に使うメールを送ってください
と頼めばOK。

仕事が引き継ぎするものでしたら
そのメールをそのままコピーして使います。

まさしく完コピ。

文面を工夫する必要はありません。

毎日、毎月の同じ仕事なら
受け取る方も同じ題名文面のメールの方がすぐにわかります。

下手に工夫して変えてしまうと
これなに?とかえって混乱を招きます。

仕事内容を充分理解できた上で
変えていくのは良いのですが
最初は過去メールの完コピで行きましょう。

メールがたくさんあったら
項目ごとにメールホルダーに振り分けておくと
後で探すときにすぐに取り出せて便利です。

会社のHPをみる

さらに空いた隙間時間で
派遣された会社のHPを見ておくと良いです。

意外と皆さん会社のHPを見ていない。

会社の製品説明
企業理念
環境にどう配慮しているか。

知っておいて決して損はしません。

たくさん引き出しを作っておく

フォルダをみる
メールをみる
会社のHPをみる

これらを隙間時間にやっておくと
圧倒的に仕事の引き出しを増やすことができます。

そうすると
点と点で教わった仕事が
一本につながるのも早い。

例え直接仕事に関係なくても
他部署の人との会話もし易くなるし

え?そんなことも知ってるの?と
良い印象を与えることもあります。

良いことだらけですので
ぜひお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました