スマホデビューどうする?

ワーママの思考

スマホをいつから持たせるか。

とても頭の痛い問題ですよね。

子どもの言い分と親の望みが大きく対立。

お互い納得の方法はあるの?

大学生、高校生、中学生のいる
わが家の実例を書いていきます。

小学生低学年はゲーム

わが家は次男が小さい頃からゲーム大好き。

でも幼児期には携帯ゲーム機は買い与えませんでした。

そうしたら、近所のDSを持っている小学生の後を
「やらせて」とついて回っていたよう。

借りて壊しては大変。
ついて回るなんて迷惑。
もし「貸してあげるかわりに命令をきけ」
なんて小学生にいわれたら大変。

トラブルになりかねません。

仕方なく買うことにしました。
毎日毎秒取り合いになったので長男と次男と一台ずつ。

ゲームなんてまだ早い!とどんなに親が思っていても、
思い通りにはならないものです。

外の世界にはゲームがあふれている。
それこそ皆んなやっている。

わが家の子供たちがやりたかったのは
ゲームだけだったようで

携帯電話が欲しいと言われたことはありませんでした。

小学生高学年はゲームとyoutube

携帯ゲームも子どもには魅力的ですよね。

マイクラなどをやりたがりました。

小学生のときは私に「携帯貸してー」。

私も携帯使いたい。
子どもたちに貸していたら全然使えない。

またまた仕方なくipadを買いました。
wifiモデルなので外には持って行けません。

それでも大満足の子どもたち。

DS
私の携帯
ipadで交代で使ってしのいでいました。

中学生になったら

高校生になった長男は
学校で使うため自分専用のipad を購入。

そのころ中学生と小学生だった下の2人も
ますますipadを使うようになりました。

下の2人のipadの取りあいがひどくて、
もう一台ipad購入。

ルールを決めたって時間を決めたって
ipad の楽しさには負けちゃうんです。

you tube も観るようになると
際限がないですよね。

次第にゲームよりも
you tube を観ている時間の方が長くなってきました。

ルールを作っても

ここまで読んだ方は
どうして簡単にポンポン買い与えるの?と思うでしょう。

このipadの取り合いは、
単なるゲーム機やおもちゃよりも
もっと激しいんです。

ルール作りもしましたが守るのが難しい。
守らせるのは親の根気もいります。

楽しいコンテンツは果てしなくある。
大人だってガンガン使ってる。

you tube はアプリがなくても
ネットで観れるので放っておくとずっと観てます。

スクリーンタイムも
時間を操作する裏技が存在するの、知っていましたか?

ネットにつながるので
子供たちはいつのまにか情報を仕入れてきます。

ipadでネットに繋げられない方法はないのです。

こうなると本当にお手上げ。

せめて定期テスト前は取り上げる、
くらいしかできなくなりました。

トラブルがなかったワケ

you tube の観すぎは時間泥棒。

定期テスト前に取り上げるのは
さすがに子供たちも納得。

時間をとられる以外にも、
深刻なのは友人とのトラブルですよね。

既読無視や、
グループから外されたり、
LINE上での陰口など。

幸いわが家の子どもたちはLINEに興味がありません。

学校に居る時は友達とそつなく付き合うけど
放課後までは関わらない。

そのため対人トラブルはゼロ。
3人ともそんな感じです。

たしかにトラブルはありませんが、
そんな友人関係で良いのか悪いのか。

そのためわが家は
スマホデビューというより、
ガジェットとどう付き合うかの闘いでした。

いつのまにかラクに

高校に入学すると授業で使う、
学校からの連絡で使う
とスマホが必要になりました。

長男、次男は高校入学と同時に
スマホデビューです。

いま中学生の長女は携帯は欲しがりません。

このくらいの年になると携帯を通じた友人トラブルも見聞きしていて
やっぱりLINEに興味はないようです。

こうみてくるとわが家では

スマホとの付き合い方を
親子で上手く乗り越えたわけではなく

子どもたちがipadとの付き合い方を
自分で調整できるくらい大きくなってきたので

親が管理しないても良くラクになった。
というのが正直なところ。

携帯を使ったなりすましなどの犯罪、
出会い系アプリでの詐欺
など、本当に怖いことは
「携帯も使い方次第ではとても怖いね」
と話はしていました。

現在はガジェットなしでは生活できないですし、
子どもたちが小さいうちはどう携帯と付き合っていくか。

悩みが尽きないですね。

タイトルとURLをコピーしました