共働き家庭の年金はいくら?わが家のリアルねんきん定期便

ワーママの思考

年金だけでは老後資金は不足しますよ。

各家庭2,000万円は用意しておいてね、

って政府が公言したものですから

え、そんな備えないよ!年金だけじゃ足りないの?と、

とても話題になりました。

実際は各家庭の状況でまったく違う試算となります。

そこでワーママ歴19年のわが家。

果たして年金はいくら貰えるのでしょう。

50才を超えた途端、

私も老後のことが気になり始めました。

オットのねんきん定期便

オットも私も

誕生月にねんきん定期便が届きました。

50才をすぎると、ねんきん定期便は

65歳にもらえる年金の見込み額が書いてあります。

今のままの給料が60歳まで続けば

65歳からこのくらい貰えますよ。という金額です。

さて、オットとわたしはどのくらいになるんだろう。

まずはオット。

年間約191万円。

1ヶ月にすると15万9千円です。

新卒以来30年、ずっと同じ会社のメーカー勤務です。

ワーママ ねんきん定期便は

さて、わたし。

ワーママ歴19年はどのくらいになるでしょうか。

ドキドキ…

約155万円。

ひと月12万9千円。

私の職歴はオットより複雑で

  • 新卒採用でサラリーマン4年
  • 司法書士個人事務所で4年
  • 転職でサラリーマン2年
  • 転職で派遣社員4年
  • 転職でサラリーマン12年

第1号被保険者、つまり国民年金だけの期間が8年。

第2号被保険者、サラリーマンで厚生年金の期間が22年。

専業主婦、いわゆる第3号被保険者でオットの扶養に入っていたのが3年間。

(オットありがとう!)

現在私はメーカーの営業マン。並のお給料です。(並って…)

ちなみに2人とも国民年金は100%払っています。

2人でいくら貰えそう?

月22万円。

これは国が出しているモデル世帯の年金額です。

モデル世帯とは、

夫はサラリーマン・妻は専業主婦か、扶養に入っているパート。

私の勤務先もアラフィフ家庭は

このモデル世帯スタイルがとても多いです。

専業主婦は(第3号被保険者)保険料を負担しなくても

オットがサラリーマンなら国民年金保険料は免除です。

専業主婦の国民年金は月6万円もらえます。

そして

共働き歴22年のわが家は月28万8千円。

専業主婦世帯との支給額の差、6万8千円。

ちょうど扶養に入っている主婦の

月々のパート代くらいの差がありますね。

偶然でしょうけど。

わが家は年金生活に入ってから

パート代くらい余計に貰えるんですね。

年金だけで足りる?足りない?

月28万8千円。

正直なところ

思っていたより多くてホッとしています。

ワーママで頑張った甲斐があった、かな。

この金額で足りるかどうかは

将来不透明なことだらけでわかりません。

なにが不透明なのでしょう。

第一の問題は住居費

年金だけで足りるか?

まずわが家の場合

住居費がかかります。

わが家はずっと賃貸です。

2017年の「家計調査年報」による老後支出の平均額のうち

住居費は月額1.4万円程度です。

これは持ち家の比率が高く、住宅ローンを完済し

固定資産税等の支払いのみのケース。

老後自己資金2,000万円問題も

住居費は持ち家を想定しているので

家賃が必要なわが家は

もっと自己資金が必要かもしれません。

このことについては

じっくりと考えていますので

後ほど記事にしたいと思っています。

もっと心配なのは5080問題

私が家賃よりもずっと心配しているのは

5080問題です。

子どもが経済的に独立できずに

親の負担で生きていく。

50歳の子どもが80歳の親を頼っている

というケース。

これって

全然他人事ではありません。

私は上場一部企業で人事部にいましたが、

「適応障害」で会社に来れない

働けなくて辞めてしまう若者が毎年必ずいました。

どんなに優秀な大学を卒業していても。

一対一で話してみると、

とてもしっかりした若者でも

可能性がゼロではありません。

その後再就職できたかはわかりませんが

復帰できないことだって考えられます。

わが家は、子ども3人。3倍可能性が・・

心配しても始まらないんですけどね・・

で、足りるの?足りないの?

  • 食費
  • 携帯費
  • お付き合い費
  • 車費
  • 光熱費
  • 家賃

あとは何が必要?

そもそも家計簿をつけていないのに

家計簿のない人生で幸福度高め

オット、お小遣い制でもなくて

夫、お小遣い制度廃止のメリット4つ
なんとかなるんでしょうか・・?

長くなってきたので
考察した結果はまた記事にします。

タイトルとURLをコピーしました