足元パネルヒーターと加湿器の組み合わせ 暖かくて電気代が安い!

ワーママの優れもの

本格的に暖房器具を使い始めるこの時期。

電気代がとっても安くて
空気を汚さなくて
場所をとらない

と三拍子そろった暖房器具。
昨年使ってみて最高すぎたので、今年もすでにフル活用中です。

  1. 足元パネルヒーターについて
  2. 加湿器投入
  3. 経済的
  4. 健康的
  5. 場所をとらない
  6. 最後に

足元パネルヒーターについて

はじめ長男の部屋にと購入した
足元パネルヒーター。

使ってみましたが
なんだかちっとも暖かくありません。
ごくごくわずかに温もりを感じる程度です。

長男は寒がりなので足元パネルヒーターはやめて
ガスファンヒーターを買いました。

ガスファンヒーターが暖房で1番おすすめ

もったいないので
長女のデスクの下に
足元パネルヒーターを置いておきました。

長女が使っているのをみてビックリ!
なんと裏表ひっくり返して使用しています。

長男の部屋には私が設置したのですが
裏表間違えていたのです。

ちゃんと使うととってもあったか。

5段階温度が調整出来るのですが
ほとんど1番低い温度で大丈夫なくらい。

まるでコタツ。
しかも人をダメにしないコタツ。

足はしっかり暖まりますが
部屋全体は暖かくなりません。

足をおく床にもパネルがあるタイプを選んでいます。

我が家のは上の商品です。

乾燥対策に加湿器投入

長女はエアコンを使用している時に
「乾燥してのどがいたい」と言っていたので
加湿器を買いました。

足元パネルヒーターと加湿器を
同じ日に設置。

この組み合わせがすごいのです。

まず、足が暖かい。
そして、加湿器で湿度があがり

部屋全体の温度が低くても大丈夫。

長女はエアコンを使わなくなりました。

私も寒がりではないので
パネルヒーターと加湿器だけ。
エアコンなしで大丈夫です。

圧倒的に経済的

エアコンの消費電力  105W〜3500W

足元パネルヒーターの消費電力 180W
加湿器の消費電力 80W

パネルヒーターと加湿器を一緒に使っても、
エアコンと比べても消費電力が少ないですよね。

他の暖房器具の消費電力は
もっと高くて、

セラミックファンヒーターの消費電力 1200W / 600W
オイルヒーター省エネの消費電力 500W

やっぱり経済的なのがわかります。

加湿器で健康的 空気も汚さない

加湿器のおかげで部屋が乾燥しません。

出てくる水蒸気は
スチーム式加湿器なので衛生的です。

ワーママ的加湿器の選び方。スチーム式加湿器を購入しました。

足元パネルヒーターも空気を汚しません。

健康に安心ですね。

場所をとらない

加湿器は小さいので

ラックの上にポンと置いています。

4畳半ならこの大きさで充分。

足元パネルヒーターは

デスクの下にスッポリ入っています。

春になったら折りたたんで部屋の隅にしまっておけます。

広い部屋ではないので

省スペースできて満足です。

最後に

最後に火元になりにくいこともあげておきます。

紙の多い長女の部屋でも安心です。

このように偶然のコラボで

最高の暖房環境が整いました。

これでデスクで存分に大好きな絵を書いたり

You Tubeに没頭できます。

イノシシママ
イノシシママ

理想的な頭寒足熱。勉強にも集中してね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました