クーラーなしの暑い日 暑さ対策で用意すべきは携帯扇風機と水タオル

ワーママの優れもの

今年1番の暑さだった7月のある日。

1日外でクーラーなしで過ごさなければならなくて。

携帯扇風機を持っていたので
涼しいかとおもいきや

暑さ対策として足りないことがわかりました。

これからもっと暑くなるので
携帯扇風機プラスなにが必要か
考えてみました。

暑さ対策で用意したもの

こんな条件で外にいました

  • 朝9時から夕方6時過ぎまで
  • 朝の気温28度
  • 最高気温33度
  • 湿度85%
  • たまに日陰に入れる

これは本当にきつかったです。

今回暑さ対策で用意したのは

  • 保冷剤(手のひらサイズ)
  • 冷却シート
  • 携帯扇風機
  • タオル
  • 長袖シャツ(リネン、大きめ)

順番に効果をみていきます。

保冷剤(手のひらサイズ)

テイクアウトの時にもらった保冷剤です。

皆さん冷凍庫にありませんか?

これをタオルやガーゼに巻いて

首の後ろにあてていると
すっごく涼しくなります。

欠点は1時間ほどで
溶けてしまうこと。

短い時間なら1番涼しくなる方法だと思います。

クーラーボックスに数個いれておけが
数時間使えるので

クーラーボックスをもっていける
シチュエーションならバッチリですね。

残念ながら今回私は
クーラーボックスは持っていけなかったので
1番暑い時間には使えませんでした。

冷却シート

いわゆる冷えピタ。

の、暑い日用です。

パッケージをみると
暑い日の外にも効果あり?

残念ながら
涼しいのは貼った瞬間だけ。

すぐにヌルくなって
効果あったの??

この手の冷却シートって

熱があるときや
頭痛がする時に
貼ることもありますが
大抵はすぐにヌルくなってしまいます。

使い方が悪いのか?

いつも効果に疑問を持ってしまいます。

携帯扇風機

今回1番期待していた
携帯扇風機です。

朝の比較的気温が低い時は

効果バツグン。

ですが、気温33度ともなってくると
送られてくる風もヌルい・・

風がないよりはマシですが
携帯扇風機は風がヌルいと
物足りないなと思いました。

携帯扇風機とぬれタオル

もっていったタオルをぬらして
首にまいて
携帯扇風機をあてると

劇的に涼しくなりました!

保冷剤が切れたあとは
この携帯扇風機とぬれタオルの組み合わせが
最強です。

デメリットは

ぬらしたタオルは乾いてしまうので
またぬらす必要があること。

見た目がイマイチなこと。

今回は
水はすぐに使えるところにあって、
見た目は二の次三の次であったため
日中は首にタオル+携帯扇風機スタイルで
過ごしました。

クールタオルも良さそう。
次は試してみようかな。

こんな扇風機だと両手が空いてよいです

長時間充電なしが便利

携帯扇風機をこれほど長時間使ったことは
初めて。

朝の9時から夕方6時まで
9時間充電なしでいけました。

念の為充電器も持っていったのですが
出番なし。

充電が不要なのは
嬉しい誤算でした。

小さい子が持っていると
羽に巻き込まれそうでヒヤヒヤします。
なので羽なしタイプも良さそうですね。

ちゃんと風くるのかな?

14時間稼働とは!

長袖シャツ(リネン、大きめ)

外で日陰もすくなかったので

日焼け対策として
長袖シャツを着ていました。

麻なのでサラサラ。
夫のを借りて大きめなので
風を通します。

これだけ日差しが強いと
肌に直接日光があたるほうが暑い。

なにより
アラフィフに日焼けは厳禁ですから。

日傘も欲しいですね。

8月猛暑日に向けて

普段はクーラーのある部屋にいるのですが
勤務先は8月に棚卸しがあるのです。

屋外で、場所によっては日陰なし。

日傘もさせません。

もうほんとに酷。。

濡れタオルと携帯扇風機で

どれくらい猛暑日対策になるか。

今から心配です。

また暑さ対策で発見があれば
記事にしてみたいと思います。

本当は棚卸し日を涼しい時期に
ずらしてくれればいいんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました