靴は1人一足で時短・節約しよう

ワーママの思考

わが家の子どもたちは
ベビーシューズからずっと1人一足。

プラス長靴。

洗い替えが必要かな?
と思ったものの
一足しか買わなくても特に困らなかったので

そのままずっと一足しか買わないまま。

そんな1人一足生活の
メリット4つ
デメリット1つをあげていきます。

メリット1 良い靴が買える

子どものサイズアウトのペースって
速い速い!

小学校に上がる前までは
3〜6ヶ月で買い替えていたのでは?

頻繁な買い替えは
お金がかかります。

かといって、
キツイ靴を我慢して履かせたくありません。

2足3足と同じサイズを買っていたら
靴代が大変。

子ども靴にはこだわりがあったので
安い靴や可愛い靴をたくさん買うことより

良い靴を一足にしていました。

そのかわり
キツくなってきたと言い始めたら
すぐに買いに行きました。

こだわりの靴についてはこちらをご覧ください
アシックスのスクスクで子どもたちの足がノビノビ〜

メリット2 靴の管理がラク

靴の管理がラクです。

子どもが3人いると
次々と買い替え時期がきます。

サイズアウトした靴が処分しそびれて
たまっていきそう。

靴を揃えるのも一苦労ですしね。

子ども靴って
雨上がりの外遊びなどで
とても汚れるので

たくさん洗うのも大変。

いつも新しい靴を買ったときに
履いて行った古い靴は
お店で処分してもらっていました。

どのお店でも処分してくれるとは限りませんが。

メリット3 収納場所をとらない

収納場所も少なくて済みます。

大人の靴は
なかなか一足ではすまないですよね。

子ども靴も複数あったら
シューズラックからあふれてしまいます。

子どもが3人いても

玄関はスッキリ掃除もしやすいですよ。

メリット4 自分の靴がわかる

色などは自分で選ばせていたので
これは自分のくつ!
としっかり覚えています。

保育園などでお外遊びをするときに
自分の靴をしっかりと覚えているので

スムーズに靴を履ける!

お友達の靴がたくさん並んでしまって
わからなくなってマゴマゴ。

はちょっとかわいそう。

靴に名前は書いておきますが

自分の持ち物に愛着を持つことは
意外と集団生活に役にたちました。

デメリット1 洗い替えがない

一足しかないので、

濡れてしまったときは
すぐに乾かす必要があります。

乾けばいいのです。
新品同様にする必要はありません。

なので
ついこの前洗ったのに!って時は
洗剤を付けなくても大丈夫。

お湯をザーザーかけるだけでも
さっぱりします。

乾かすときは、除湿機。
確実に乾きます。

除湿機のおかげで、
朝「濡れてる・・」と気づいても
なんとか間に合っていました。

除湿機については
こちらの記事をご覧ください。
除湿機はかかせない!花粉症・梅雨の時期の洗濯物。

泥汚れ程度なら
そのままにしていました。

大きくなった今でも!

小学校に上がると
サイズアウトの期間は伸びたものの
靴が破けて買い替えることも!

どんな履き方したら靴が破けるのよ!
とおもいつつ

やっぱり買い替えは
頻繁でした。

長男の高校は
ローファー指定だったので

一時期は
運動靴とローファーがありました。

次男の高校は
運動靴OKなので
今でも一足です。

おしゃれにこだわる時期になるまで
(まだ?個人差あるかな?)

まだ1人一足で
大丈夫そうです。

タイトルとURLをコピーしました