ハリーポッターやHOLESはまだ難しい。そんな方におすすめ洋書!

多読や英語など

ハリーポッターが多読初心者におすすめ!とよく言われています。

ルイス・サッカーの「HOLES」も「やさしい洋書」と紹介されています。

じゃあ読んでみよう!と手にとって、
ぜんぜん読めない〜と砕けた人もいるのでは?

この2冊、ネイティブなら小学生でも読みますが
日本の英語初心者にとってはまだまだ難しい!

もっとやさしい、けど面白さではハリーポッターやHOLESに劣らない
(個人的にはこの2作より好き!)という本をご紹介します。

一押しはなんといってもORT

私が多読を始める方におすすめしているのは、
ORT (Oxford Reading Tree)です。

最初から英語をやり直したい
また幼児英語にもピッタリ。

ORTについてはこちらでたくさんご紹介しています。

ORTが月990円で読み放題!
ORTが大人のやりなおし英語に使えるのはなぜ?
多読はOxford reading tree から始めたい 
ORTを無料で読む!登録方法と使い方を詳しく解説します
ORT 紙の本とデジタル版どっちがおすすめ?

GRは安心して読める

英語学習者用の読み物としてGR(Greated Reader)もおすすめ。

細かいレベル分けがあるので、
自分のレベルにあった洋書を安心して読むことができます。

GRについてのご紹介記事です。
中2英語テストの点がジャンプアップ!ORTよりGRが効く?

こちら、GRもたくさん読むことができます!超おすすめ!!
ORTが月990円で読み放題!

児童書の沼!

GRは確かに安心して読み進むことができるのですが
私がハマったのは児童書。

現地の子ども向けの作品なので、
出てくる単語が見たことないものがかなりあります。

それでも生の英語に触れている・現地の生活を疑似体験でしているような感覚にハマり、
たくさん児童書を読みました。

その中で児童書でおすすめなのは、
やっぱりこの作品の作家である…

児童書の最高峰!ルイス・サッカー

多読をする方なら、一度は聞いたことのある人気作品「HOLES」の作者
ルイス・サッカー(Louis Sachar)。

この記事でも紹介しました。
Holes作家の1番やさしい洋書は多読初心者におすすめ

こちらがルイス・サッカー作品で1番やさしいシリーズです。

やさしい、といってもあなどれません。
どの巻も「読んで良かった!」と心に響くお話しばかり。
ルイス・サッカーの話の展開の巧さにうなります。

中でも私が大好きなのが、Someday Angeline。

今でこそペーパーバックを月に2、3冊、
好きなジャンル(ラブコメや重くないミステリーなど)をベストセラーから読みあさり、
作家買いもするほどになっていますが、

今でも、1番好きな作家はルイス・サッカーで、
1番好きな作品は迷わずSomeday Angelineです。

HOLES よりもグンとやさしくて短い本です。
Marvin Redpostよりは難しく

以前ご紹介したFamous Fiveと同じくらいのレベルです。
良質の英語 読みやすい!面白い!安い!Famous Fiveシリーズ 

Famous Fiveはちょっとだけご都合主義的な感じもあって、
単純に冒険物語として楽しめるのですが、
Someday Angelineはもっと心の琴線にふれる深さがあります。

あらすじ

Angelineは生まれる前からいろんなことを知っていたかのような天才少女、
8歳なのに6年生のクラスで勉強しています。

担任のHardlick先生は、最高学年に8歳の少女がいることを快く思っていませんし、
クラスの友人からも変人扱いされるので、学校は好きではありません。

たった一人の友人はGary。
Angelineはいつも誰も笑わないGaryの冗談に笑い転げます。

Angelineは、ゴミ収集の仕事をする父親をとても尊敬し誇りに思っていますが、
父親は母親が亡くなり、天才の娘に不釣り合いの自分の職業や、
娘への接し方に悩みます。

泣いて笑って泣いて

天才少女というあまりない状況の設定ですが、
それぞれの人物の行動が本当にありそうで。

えー、そんなの上手くいきすぎ!とか
突然なんでそうなっちゃったの?というムリな展開がなくて

あぁその気持ち、その行動わかるなぁと共感して

途中ちょっと暗い雰囲気になりますが

Angelineと父親の気持ちを存分に味わって
泣いて笑って切なくなって
もう一気読みです。

タイトルの回収も秀悦。
読み終わっても、しばらくはじんわりと浸っていました。

何度も読んでボロボロに

普段繰り返し読むことはほとんどないのですが
SomedayAngelineはなんども読みました。

英語の本を読んで感動できるのが嬉しくて、
何度も読んだのでボロボロに。

引っ越しの際に紙本は手放しましたがKindle で買い直し。
セールでなく定価で本を買うのはルイス・サッカーだけです。

他にもおすすめがありますが…

長くなってきたので、別の記事でご紹介したいと思います。

ルイス・サッカーの作品はもちろん、
Jacqueline Wilson やRoald Dahlなど。

ハリーポッターを読めるようになるために、易しい児童書を読まなきゃ
だったのに

素晴らしい児童書にたくさん出会い
ハリーポッターどころではなくなっていました。

意外とそういう人は多いんです。
児童書の沼。ハマりますよ。

タイトルとURLをコピーしました