加熱式加湿器のお手入れ方法 カンタンで清潔

ワーママの優れもの

今年も加湿器、毎日使っています。
湿度があると気持ちが良くて部屋も暖かい。
足元パネルヒーターと加湿器の組み合わせ 暖かくて電気代が安い!

気化式・超音波・ハイブリッド式とありますが
わが家は加熱式をつかっています。

なによりお手入れが簡単。
清潔に使える。
ワーママ的加湿器の選び方。スチーム式加湿器が清潔で手入れも簡単

フィルター取り出してヌメヌメを洗ったり
フィルターの買い替えもないので、サイコーにラク。

私はフィルターがキライです。
お手入れ大変で、買い替えも必要で
ワーママの敵!

水の注入も簡単。

でも加熱式加湿器はカルキが溜まるんです。
ので落としてみました。

1年お手入れしてない汚れは・・

加湿器でお部屋の湿度をあげておくと
ウィルスが活動できないので
インフルエンザなどの予防に効果的です。

それに湿度があると部屋が暖かくて快適。
冬は加湿器が手放せません。

昨年の冬に購入した加湿器。
毎日夜は欠かさずつけています。

1日6時間くらいでしょうか。

加湿器にこびりつくスケールとは

スケールとは、
水道水を加熱して蒸気を発生させる際にできる残留物のことです。
(カルシウム、シリカ、鉄等)
地域により色(乳白色や茶)や固さは異なりますが
ほうっておくと石のように固くなり
取れにくくなってしまいます。

ある日水タンクを外してみたら

ここにスケールがついているのを発見。

もう少し分解してみると
奥の方にもこびりついています。

(ここから1枚、閲覧注意。スケールびっしり画像が出るので気をつけて下さい)

もう一つ部品を外していくと
うわぁぁ!スケールがビッシリ!

想像以上にスケールが着いていてびっくり。
あまり水質の良くない地域に住んでいるからでしょうか。

スケールは、臭い・ヌメりがない

触ってみると石みたいです。
手でこすったくらいでは落ちません。

臭いはなく
ヌメりもないので

う〜触りたくない〜!
という感じではなくてホッ。

スケールは石灰質の汚れなので
落とすのには酸性の洗剤が有効とされています。
特にクエン酸を含有している洗剤は効果が高い。

ならば洗濯に活躍しているクエン酸があるので
クエン酸を作って漬けてみます。
洗濯物の嫌な臭い クエン酸を入れるだけで完全になくなった!

クエン酸液に浸ける

私がネット通販や各お店で比較した中で
1番コスパの良いダイソーのクエン酸です。

水1リットルに大さじ1の割合でとありましたが
目分量で作ったので倍くらいの濃度になったかも。

このクエン酸をスプレーする方法もありますが
スプレーがないので漬けておきました。

約3時間。

スプーンの先でガリガリこすると
ポロポロとかなり落ちました。

少し黄色くなってしまっていますが
スケールは落ちました。

落ちきれないスケールも。
もう一度クエン酸につけたら落ちるかもしれません。

加熱式はやっぱり手入れがラク

昨年の冬に4ヶ月間使っていたら
かなりスケールがついてしまいました。

今年もまだまだ使います。
もう少しマメにクエン酸液に漬けて落とした方が良さそうです。

でも
やっぱり他の加湿器に比べたら
造りも単純で手間がかからず

フィルターもないですし!

スケールはヌメヌメしないので
不快感がないのが嬉しい。

加熱式加湿器にして良かった!
と2年目も思っています。

タイトルとURLをコピーしました