英語を多読で楽しくつづけよう!多読のメリットはたくさん

多読や英語など

こんどこそ英語をものにしたいな。
と思っている方。

多読なら楽しく英語が身につきます。
多読には続けられる理由がちゃんとあるんです。

単語帳や参考書を使った暗記学習よりも、
だんぜん多読が楽しく続く3つの理由はこれです。

  1. 英語の今までの勉強法、暗記はつらい
  2. 多読の楽しさは圧倒的
  3. 多読に挫折はない

私は、

  • もともと英語はぜんぜんダメ。
  • 多読をはじめて20年。育児による停滞期間14年、実質多読歴は6年。
  • 現在は多読だけで、TOEICスコア860。
同僚
同僚

そんな上手い話があるのかな。でも実際にスコア860出しているんだよね。

イノシシさん
イノシシさん

しかもはじめて受けたTOEICでスコア860。そのとき多読の力を知ったのよ。

多読なんて続くの?

と半信半疑な方も
ぜひ読んでみてください。


きっと多読をはじめてみたくなります。 

英語の今までの勉強法、暗記はつらい

英語学習はまず単語でしょ。
と考える方は多いかと思います。


単語を覚えるぞ、
となるとまず思いつくのは単語帳ですね。

書店やAmazonには
たくさんの単語本が売っています。

とりあえず最初のページからはじめてみると
知らない単語ばかり。

単語暗記の王道は
「なんどもなんども繰り返すこと」につきますから、
何回も何回も見るわけですが
なかなか覚えるのは大変です。

なんとかやっと覚えた単語も
そのままにしているとまた忘れてしまいます。

そもそも普段英語なんか全く使わないから

忘れてきたら
また何度も単語帳を繰り返す。

そんなの楽しくないし
飽きてしまいます。

英文法も同じことです。

単語帳や英文法の本を手に取って
ワクワクする人はなかなかいませんよね。

多読3原則とは

私の実践してきた多読は
単語の暗記はしません。


え!それじゃあ洋書なんて読めないよ?
と思われるでしょう。

でも、ちゃんと読めるんです。
その秘訣は以下の多読の三原則にあります。

  1. 辞書は引かない
  2. わからない単語は飛ばして読む
  3. 面白くなかったらやめる

ひとつひとつ解説していきます。

辞書は引かない

辞書を引き引き読む本はスピード感がない、
だから物語に入り込めなくて楽しくありません。

例えばbook、want、dogなどは
辞書を引かなくても
パッと意味が浮かぶと思います。

わかる単語ばかりで洋書が読めたらいいですよね。

移民の多い英語圏の国は
子供たちが英語を楽しく早く身につけられるように
工夫された本が豊富にあります。

そんな本は辞書を引かなくても
どんどん読めてしまいます。

中でもOxfords reading treeが1番のおすすめです。
簡単な単語で書かれていて、薄い本なのに
とっても楽しくて日本でも大人気シリーズです。
こちらの記事でもご紹介しています。
ORTが大人のやりなおし英語に使えるのはなぜ?
ORT 紙の本とデジタル版どっちがおすすめ?

Oxfords reading treeは幼児英語でも大人気なため
メルカリなどでも高値で取引されています。

ぜひこちらの記事を参考に、
安くたくさん読んでみてください。
ORTが月990円で読み放題!
ORTを無料で読む!登録方法と使い方を詳しく解説します

わからない単語は飛ばして読む

1ページにわからない単語が少し、の洋書を選べば
わからない単語を飛ばしてしまっても
楽しんで読んでいけます。

また、易しい本は挿絵も多くあるため
なんとなく単語の意味がわかります。

あ!そういう意味か、と
ひらめく時もあります。

多読でたくさんの単語と出会っていき、
徐々にレベルアップをしていくと
いつのまにか語彙力が上がっていきます。

実際に私は多読だけで、
TOEIC800スコア程度の語彙力が身についています。

レベルアップの方法などは
こちらのHPがとても参考になります。
https://www.seg.co.jp/sss/
中学英語もあやしいレベルの方から
ペーパーバックを難なく読んでいる方まで
たくさんの情報がぎっちり詰まっています。

多読についての本を一つ買ってみると
全体像がわかりやすいと思います。

さきほどご紹介したHPに携わってきた方の
著書ですので、
HPと一緒に使うとより多読について理解できると思います。

面白くなかったらやめる


先が気になってる、早く続きが知りたい!なんて本なら
途中でいやになりません。

簡単な洋書でも
楽しい本は沢山ありますよ。

Oxford reading tree のステージ1では
なんと表紙に単語ひとつだけで
中がぜんぶ絵だけの本があるんです。

でも驚きの仕掛けや伏線があったり
大笑いできたり…。

好みにあわなかったり
わからない単語が多くて筋がわからなくなったりしたら
すぐにその本はやめてしまいます。

すぐにやめるといったら、本代がかかって大変!ですが、
例えば、こんなサイトを使えば月990円でたくさんの洋書があります。
ORTが月990円で読み放題!

なかなか進まない洋書より
ページをめぐる手がとまらないほどの洋書を読めば
挫折しません。

多読に挫折はない!


読める本、楽しい本を読んでいるので
挫折しにくいと思います。

それでも仕事や用事が忙しくて
何週間も読めないこともありますね。

そういう時は無理をして読む必要はありません。

なぜって、途中で停滞しても
それまで読んだ経験は減らないからです。

私は3人の育児で
14年間は本が読めませんでした。

でも
自転車の運転と同じなのか
一度多読で身についた単語はかなり覚えていたのです。

ですので、「多読が続かなかった〜!」と
ガッカリせずに

「今は停滞しているだけ。また気が向いたら読もう」
で大丈夫。

多読は読めば読んだだけ積み上がっていくので
焦る必要はありませんし、

TOEICスコアが必要な方も多読を続けていると
英語力に「厚み」がついていることが
実感できます。

多読で身につくのは語彙力だけではありません。
かたまり読みができるようになったため
読む速度が圧倒的に早くなりました。
そんなこちらの記事も参考にしてください
かたまり読みでTOEICスコアが飛躍的に伸びる

タイトルとURLをコピーしました