TOEIC860をとった私のリアルな実力は?

TOEICと多読

TOEICではスコア860からコミュニケーション能力レベルA〜Eの
5段階評価で最高レベルのAになります。

NON-NATIVEとして十分な
コミュニケーションができるとされています。

そこでTOEIC スコア860の私のリアルを書いてみます。

教材、観光なら困らないリスニング

TOEIC英語教材のリスニングは8〜9割くらいの理解力。

スイス、グアムに旅行したときは

ホテルの従業員の言ってることはしっかりわかりました。

チェックイン

レストランのオーダー

買いものなど

観光大国のサービス業の方の英語は困ることはありません。

会社にインドネシアからインターン生が来た時は
インドネシアなまり?のせいかわかりづらく
身振り手振りも入りながらの会話。

結局わからないとニッコリ
で意思疎通完了してしまうことも。

毎日通勤で車内で聞いている
AFN(米軍基地関係者とその家族向けラジオ)ニュースは
山火事やコロナ関係の内容などなら
半分くらいわかる気が。

いや、4割くらいかもしれません。

政治経済の内容例えば大統領選挙などだと
知識不足のためかさっぱりわかりません。

DJのトークもお手上げです。
ニュースよりわからないかも。

hahahaha〜と笑っている陽気な会話も
笑えたことがありません。

CMはTOEICのパート4より少し早い程度なのでわかる。

映画・ドラマは字幕を見ながらだとかなり聞き取れますが
字幕なしだと筋がまったくわからなくなります。

仕事に使えないスピーキング

仕事の電話は取り次ぎ程度。商談などは論外です。

でも同じTOEIC 800点の同僚が2人いますが
電話でガンガン商談してます。

ちょっと悔しいですが場数の差なのかもしれません。

ちなみに2人とも発音は
思い切りジャパニーズイングリッシュです。

シカゴに2〜5年赴任していた人達は
スコア600でも仕事で英語を使えています。

海外旅行ではちょっと長めの質問をしたい時は
事前に頭の中でさっと文を考えおいてから話していました。

駅の窓口でとっさに苦情が口からでたときは
内心おおー!と感動。

駅の窓口:「スタンプが押されていないと周遊切符にならないよ」
私:「前の駅で買った時はそんなこと言われなかったですよ」
こんな感じの内容でした。

ライティングは?

自己紹介なら書けます。

趣味や家族のこと休日はなにをしているかなど。

文法は間違える可能性大です。
文章も簡単で短いものばかりになると思います。

ビジネスメールはググりながらでないと書けません。
こちらもかなり基本的な文章ばかりになります。

TOEIC 満点をとる上司のメールはなんか洒落てるんですよね。

イノシシママ
イノシシママ

ライティングの機会が一番少ないので、このくらいしかわかりません。。

ベストセラー小説を楽しめるリーディング

ハリーポッターは1巻〜3巻まではスラスラ読めます。
日本語で読むのと変わらない感覚です。

4〜6巻はわからない箇所もあるけど概ねストレスフリーです。

7巻は最後スピリチュアルな内容で
哲学的な内容は苦手分野のためかさっぱりわかリませんでした。

ベストセラー小説(Newyork times bestseller って表紙にあるものとか)
ラブコメや日常系などならほぼ読めます。

英語で書かれた書評やAmazon のレビューを読んで
決めることができます。

ビジネス書類は精読しないとダメなので
概要はつかめますが、仕事にはなりません。

さいごに

「NON-NATIVEとして十分なコミュニケーションができる」が正にぴったりの様でした。

英語がそれほどできないと相手がわかってる状況なら
なんとか成り立つというのがTOEIC860の私の現状です。

タイトルとURLをコピーしました