TOEIC直前対策は?

TOEICと多読

我が社では
年に1度TOEICを受験する制度があります。


TOEICスコア800超えの私は、

受験直前には
このような対策をしています。

TOEIC受験直前っていつから?

どのくらい前からTOEIC対策を始めるか?

「TOEIC申し込み案内」の弊社メールが届きます。

受験日1ヶ月前ころです。

そこから
直前対策のスタートです。

それまでは
ひたすらひたすら

大好きなラブコメ

日常系ミステリー

人間ドラマ系の小説を読んでいます。

TOEIC受験を意識しなくて良い
幸せな時間です。

文法を復習する

文法苦手です。

ですので
復習をしておきます。

多読をしていてもなかなか克服できないのは、

  • 自動詞・他動詞
  • 不定詞・動名詞を目的語にとる動詞の区別
  • 仮定法
  • 関係副詞

などでしょうか。

私は受験英語をしていないので
元々文法の知識がありません。

5文型でさえ良くわからない状態で多読をはじめたので、

「設問」として
細かいところを突かれるとダメなんです。

ただし読書をしているときは
「文法」を意識していないので
困ることはありません。

そして
そんな状態でスタートしていても多読だけで
スコア800は超えています。

直前には
この本を使っています。

新TOEICTEST文法特急シリーズ

青い本、文法特急はレベル別に

  • 550点レベル 41問
  • 730点レベル 46問
  • 900点レベル 30問

このような問題数となっています。

900点レベルの30問はやりません。

文法は苦手なので
難しい問題をやって混乱するより
しっかりと
取れる問題をとりたいからです。

白い本、急所アタック編もレベル別に

  • 550点レベル 26問
  • 730点レベル 32問
  • 860点レベル 26問
  • 990点レベル 10問
  • 復習     24問

990点レベルはやりません。

最後の復習24問は存在を今知りました。。。

以上、2冊を1〜2回解いておきます。

各問題ごとに5秒〜30秒の制限時間があるので
その時間を守るようにしています。

解説は設問部分だけ読んでいます。

派生知識のあたりはあまり読みません。

文法特急シリーズは
文法がランダムに出題されています。

一度文法をきちんと整理しようと
以前に文法を順番に学習したことがあります。

使っていたのはこの本です。

会社に外部英語講師が来たときに

おすすめされました。

この本だけでTOEIC文法は完璧。だそうです。

いやいや、
マスターするのは大変です。
全部覚えるなんてできていません。

他の文法書をみたことがないので比較はできませんが、
全く知らなかった「文法」はかなり理解できました。

大学受験の息子と
文法の話ができるようになりましたよ。

英文法ネイティブ・アイ

オレンジのハンドブックが付いています。

本書で説明されている文法項目の要点や
類似の用法を持つ語句がまとめられています。

このようにとても薄い↓

英文法ネイティブ・アイ

でも中身はギッチリつまっています。

講師はこのハンドブックを
いつも手元に置いておいて、
さっと調べたりと重宝していたそうです。

模擬試験を受けてみる

年に1度の受験だと出題形式を忘れてしまうので、
模擬試験を自宅でやってみます。

使っているのはこの本です。


私のはこれの古いバージョンなので
模擬2回分400問です。

400問の旧バージョンで2,300円が、
600問の新バージョンが2,860円。

新盤はずいぶんと割安ですね。

1回ずつバラのようですが
kindle unlimited に入会すれば無料です。

さらに新しいバージョンは

全問動画付き
動画音声ダウンロード
解答マークシートを自動採点

動画は約30時間以上あるそうです。

え、すごい。これで3,300円。

これをやれば900点に届くかも。

単語力強化

単語本は2つ持っています。

もう一つは有名な「金フレ」。

ただいま紛失中です。。

わたしは単語帳は
もうやりません。

単語帳では覚えられないからです。

覚えるまで何回も繰り返す熱意がないです。

多読の中で増えた語彙でないと
TOEIC テストで使えません。

それだけ瞬発でわかる単語でないと
TOEICでは太刀打ちできません。

you tube のリスニング動画

前回のTOEIC 直前では
you tube のリスニング動画を使いました。

「TOEIC listening full test」

いくらでもあるので

車の中で聞き流していました。

片道20分ほどの通勤なので
往復40分で1回分です。

運転中で写真は見れませんので
パート1は飛ばして
パート2から聴きます。

毎日はやらず
10回分くらい聴いたと思います。

ただしこの動画
解説は一切ありません。

解答は最後にまとめて番号だけが載っているので、
答え合わせはせず、
あやふやでわからないものは
そのままにしていました。

リスニングのパート2〜4って問題数が多くて
途中で疲れてきます。

なので
長さ慣れをするのが主な目当てです。

もう一つは
出題の各シーンに慣れること。

パート3だと、

  • レストランでの会話
  • レセプションの準備
  • 電話で故障品の問い合わせ
  • ホテルで問い合わせ

パート4だと

  • 空港でのアナウンス
  • 研修案内
  • 旅行ツアーの案内
  • 企業セレモニーの挨拶

などが多いので
これらにも慣れておきたかったからです。

実際に本番でも長さや、シチュエーションに慣れていたので
集中力が途切れずに解くことができました。

次回TOEIC の直前対策は

その時にはこの記事を書いていて知った

TOEIC L&Rテスト究極の模試600問+ 

をやります。

こちらもkindle limited 無料版がありました。

これだけに絞ります。

このボリュームでこの価格。

驚きました。

600問、3回文の模擬試験はちょっとキツイですけど
効果はありそうです。

前回はスコア845と落としましてので
ちょっとあげたい。

2ヵ月対策期間を取るとして
それまでは多読しかやりません。

多読で英語力に厚みをつけて
直前にTOEIC 対策をする。

これが多読をする人にはベストな方法です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました