やかんのしつこい汚れを落とし 重曹とクレンザーを比べてみたら

ワーママの優れもの

年末になって
25年使っているやかんの汚れがふと気になり。

よし!今年はやかんをキレイにしましょう。

調べると
重曹を使うとキレイになるそう。
ちょうど家に余っている重曹があります。

早速トライしてみました。

注意!アルミは重曹がつかえない

汚れはそれぞれに性質が異なります。
油汚れは酸性です。

重曹は弱アルカリ性なので
酸性のもの、つまり油汚れを中和するはたらきがあります。

今回やかんを洗おうとしていて
途中で気がついたのですが
アルミに重曹を使うと黒く変色するとのこと。

わが家のやかんはアルミです。

でも重曹を塗ってしまったので
そのまま決行してみました。

重曹の効果は?

ガスコンロに置きっぱなしのやかん。
油汚れがひどい状態です。

アップにしてみました。
やっぱり汚れがひどい・・

汚れを落とすには、
重曹ペーストを塗ると良いそう。

重曹3お湯1の割合で混ぜてペーストを作ります。
すぐにトロトロに。

汚れている箇所にたっぷりと塗って10分放置。
今回は特に汚れているところだけに塗っています。

その後アルミホイルで磨きました。
あれ?あまり落ちない、、

そしてアルミだったせいか
すこし黒ずんでしまいました。

でも黒くなったのはほんの一部で
まったく黒くならない箇所の方が多いです。

重曹ペーストの力で
汚れは落ちやすくなりましたが
ゴシゴシこすらないと
汚れは落ちません。

そしてやかん全体に重曹を塗るのは
結構大変な作業です。

しかも塗ったそばから
ペーストがポロポロ落ちてきます。

最近は、つけるだけ・かけるだけで
良く落ちる洗剤が多いので
念入りにこするのは時間もかかり
ちょっと大変。

また、手が荒れてくるので
手袋はしておいた方が絶対に良いです。

これは掃除をするときの基本ですよね。

今回うっかり素手でやっていたら
ヒリヒリしてきました。

ちょっと労力の必要なこの方法。

でも重曹は環境に良いので
時間があれば挑戦してみるのが良いです。

放置時間なしのクレンザー

重曹ペーストでの汚れ落ちが
思ったほどではなかったので

次に
これもまた家にあったクレンザーを使ってみました。

さきほど重曹で落ちなかった汚れの上にたらして、

すぐにアルミホイルでこすると
キレイに落ちました。

ちょっと黒ずみが残っていますが
25年もつかっているやかんなので
まぁいっか。

このくらいキレイになればOKです。
時間をかければ
細部の汚れも落とせそうです。

スチール鍋に重曹を使ってみたら

重曹はアルミには使えないとわかったので
近くにあったスチール鍋に使ってみました。

やかん以外もかなり汚れていますね・・

たっぷりと塗って
放置すること10分。

アルミホイルでこすると、、

こすった部分は
台所が映り込むほどピカピカに。

スチール自体はキレイになってるけど
焦げや油のこびり付きは落ちていない。

スチール鍋にもクレンザー

重曹で落ちなかったので
クレンザーをつけてアルミホイルでこすると、

やっぱりすぐに落ちました。

手軽さではクレンザーの勝利

重曹よりもクレンザーのほうが早く
綺麗に落ちることがわかりました。

環境を考えると
重曹を使いたいのですが。

それよりも
ガスコンロにやかんを置くのをやめれば
そもそも油汚れもつかないんですよね。

来年はやかんの置き場所探しかな
と思います。

タイトルとURLをコピーしました