派遣社員 初日についてと、仕事はどのくらいで慣れるの?

ワーママの思考

私は一部上場メーカーの採用担当として
派遣社員の採用にも4年、営業職に異動後は
部署の派遣社員の採用と教育を2年経験しています。

一部上場メーカーの老舗中堅企業の
派遣社員についての実態を書いてきました。
派遣社員の「3年ルールの抜け道」は現実的ではありません
派遣切りではないけれど 派遣終了です
事務派遣社員の面接は?エクセルはどのくらい必要?など

この記事では
仕事初日の持ち物や、
会社や仕事に慣れるまでのおおよその期間を書いていきます。

会社に慣れるまでどのくらい?

はじめての勤務先。

トイレの場所、
ランチ事情、
部署までの道のり、
会議室の場所など
初日は迷子になりそうです。

でも毎日来るのですぐに慣れます。
1週間、いや3日で慣れるかも。

都心の高層ビルで眺めがよくて、
夜景が綺麗なオフィスでも、
1年もいたら飽き飽きしてきます。

反対に古い事務所でも、
清潔なら施設の古さも気にならなくなります。

汚い職場は慣れるのは難しいと思いますが、
メーカーはどこでも3Sと言って、
整理整頓をとても大切にしているので、
綺麗なはず。

ちなみに3Sとは、「整理・整頓・清掃」のこと。

5Sになると、3S+「清潔・しつけ」が入ってきます。

工場ではモノが乱雑に置かれていたりすると
作業能率が落ち、
注意力散漫になり
ケガなどの大きな災害につながります。

工場で3Sを徹底しているのに、
事務所がだらしなく
雑然としているのはよくないので

整理、整頓が行き届き、
清潔であるはずなのです。

月の仕事に慣れるまで3ヶ月

事務仕事なら、
日々の仕事
週単位での仕事
月単位の仕事とあります。

これに四半期や年単位の仕事もあるかもしれませんが、
月単位で流れていくのが基本です。

日々の仕事は毎日の繰り返し。
1週間で慣れてきます。

週単位、月単位の仕事は
大体3ヶ月で
日々の仕事との流れがつながって、
なるほど!と理解できると思います。

例えば営業事務なら
日々の受注発注、
伝票処理、など。

1週間単位で出荷計画策定。

1ヶ月単位で、ひと月の売り上げ処理をする、
と流れて行きます。

なので育休産休で引き継ぐ場合は、
3ヶ月は欲しいところです。

ところが今回我が社にきた育休産休の
代価派遣社員の引き継ぎ期間は
たったの1ヶ月。

1ヶ月はかなりキツいなぁと思いますが、
他の社員も仕事内容を知っていて、
ヘルプができるので

1ヶ月くらいで足りると踏んだのでしょう。

産休育休で引き継いだ社員がお休みにはいっても、
職場に聞ける人がいると安心です。

3ヶ月で流れがわかってくると、
仕事にやりがいを感じて
がぜん楽しくなるはず。

バリバリこなせるようになってきたなぁ、
と自分でも成長を感じられます。

初日に必要な持ち物

もし指示があれば、
それに従います。

なにも指示がなければ
初日から筆記用具とノートを持参しましょう。

本来会社が用意するものですが
引き継ぎに慣れていない部署の場合は
派遣社員を迎える準備が
後手後手になりがちです。

仕事をはじめて数日たって
筆記用具渡してない?
ノートも渡してない?
と気がつくことも。

筆記用具はシャーペン、
消しゴム、
ボールペン、
定規、
マーカーペン1本、くらい。

消せるボールペン=フリクションは
ビジネスには不向きです。

自分だけのメモなら問題ありませんが、

書類記入などはフリクション不可なので、
使用しない方が無難。

ノートは大きめの
例えば学校で使うような大学ノートを。
メモ帳を持ってくる方が多いのですが、
小さすぎます。

丁寧に書く時間はないので、
かなり書き殴りになります。
大きくないとすぐにページがいっぱいになって、
ページをめくるのが大変。

以上のモノが用意がしてあれば
遠慮なくそれを使いましょう。

電卓もあると便利です。

私の10年以上の愛用品
良い電卓は叩き心地が良いです↓

タイトルとURLをコピーしました